酒井高徳、9月にもハンブルガーSVと契約延長へ

酒井高徳、9月にもハンブルガーSVと契約延長へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

取材に応じるハンブルガーSV・DF酒井高徳(2017年7月14日撮影)

日本代表DF酒井高徳がハンブルガーSVに残留して契約延長する見通しだと、12日の独紙ビルトが報じた。

同紙によると、ベシクタシュ(トルコ)が酒井高に興味を示していたが、ハンブルガーSVのスポーツディレクターであるイエンス・トットは「我々のキャプテンを今夏に失うつもりはない」と明言。秋にも契約延長が行われる見込みだ。トットは「高徳はハンブルガーSVにとって、必要な選手だ。近いうちに話し合いを行うだろう」とコメントした。

酒井高はこれまでに何度もドイツでの生活、特にハンブルクでの生活に満足していると話しており、自身のキャリアをここで終えることもイメージできるという。代理人のギド・バルターは「高徳のはっきりとした願いはハンブルクに残ることだ。彼はこのクラブで新シーズンもキャプテンを務めることに信じられないほど誇りに思っている」と明かした。契約延長の話し合いについては「クラブとはすでに意見交換をしているし、そのうち話し合いの場を持つだろう」と話していた。時期としては移籍市場が閉まった後の9月だろうか、と伝えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスター岡崎が開始50秒でゴール! こぼれ球を押し込み2試合連発
18歳プリシッチが1ゴール1アシスト! ドルトがヴォルフスブルクに3発快勝...香川は途中出場
香川、肩の状態は「試合に入れば恐れはない」 W杯予選豪州戦については「今はそこしか目標はない」
チチャリートに大苦戦も...サウサンプトン吉田、ロスタイムにPK獲得で劇的勝利に貢献
セリエA初導入のVARが開幕戦で威力発揮 主審のノーファウル判定を覆しPK宣告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加