西武松本は現状維持500万 1軍で2試合登板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

西武松本直晃投手(26)が1日、契約更改交渉に臨み、現状維持の推定年俸500万円でサインした。

環太平洋大まで内野手で、社会人の軟式野球で投手に転向した異色の経歴の持ち主だが、ルーキーイヤーから1軍で2試合に登板。ともに無失点で乗り切った。「1年目から1軍を経験できたのはありがたいこと。力の足りないところ、やれるところ、課題などが浮き彫りになった」と振り返った。

来季は中継ぎとして、30試合以上の登板を目標に掲げる。そのために「ストレートの球威と空振りをとれる変化球は絶対条件」ととらえる。「極端な話、きっちりコースに投げれば、150キロを投げなくても抑えられるという感触はあった。それに加えて球威がつけば十分やっていける」と意気込む。

四国IL・香川時代に決め球にしていたフォークは、今季は精度が落ちていたというが、修正も加えて10月のフェニックスリーグで使える感触を得た。「来年までに磨いて、球威も上げていけば。やれる自信はあります」とうなずいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA最後の目玉・陽岱鋼をめぐる“歓迎”大作戦?
ソフトバンク今宮「最高の遊撃手になります」
初代タイガーか狭心症から復活!ローリングソバットで激勝
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
阪神北條と少年野球戦友 大阪橋本がバスケ代表候補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加