侍・外崎、作戦きっちり遂行 指揮官の評価も◎

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/16

6番左翼で先発した外崎がミッションを完璧に遂行した。2回無死二塁で右前打を放ち一、三塁に好機を拡大。稲葉監督は進塁打のサインだったと明かし「打ちながら何とか(走者を)進めてほしいと。見事にやってくれた」と評価。「こういうこともできるんだなと分かった。非常に収穫はありましたね」とうなずいた。西武同僚の山川が一発を放った一方、訓練された堅実さでアピールした。

=2017/11/13付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
侍外崎が先制弾「勝つしかない」台湾林政賢打ち
DeNAナイン FA・大和にラブコール   井納「チームに必要」早くも歓迎ムード!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加