今年の新語・流行語大賞候補から...

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/11/14

今年の新語・流行語大賞候補から。【忖度(そんたく)】上役の意向を推し量って動くという官僚用語。ごますり、処世術の類い。「記憶にない」「廃棄した」との併用で効果は抜群。〈ちーがーうーだーろー! 「もり・かけ問題」で誤用が広まった〉

▼【アウフヘーベン】小池百合子都知事が好きな哲学用語。対立する二つの概念をより高い次元で統合させること。〈ちーがーうーだーろー! 踏み絵と排除で野党はバラバラに〉

▼【働き方改革】長時間労働を減らすなど多様な働き方を可能にし格差の解消を図る【プレミアムフライデー】月末の週末は早帰りし買い物や外食も。〈ちーがーうーだーろー! 多くの労働者には縁遠い机上の空論〉

▼【フェイクニュース】虚偽の情報【ポスト真実】客観的事実より感情に訴える意見の方が強い影響力を持つこと。〈その話、ちーがーうーだーろー!と思うことの多い、虚実ない交ぜのネット社会。権力者の「印象操作」にもご用心〉

▼【共謀罪】犯罪を具体的に計画、準備した段階で成立する罪のこと。共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が施行された。捜査機関による乱用が心配されるが、政府は「テロ防止が目的」「一般人は対象外」と。〈ちーがーうーだーろー!〉

▼【藤井フィーバー】【9・98(10秒の壁)】。中学生棋士の藤井聡太四段と陸上の桐生祥秀選手が大活躍した。【空前絶後の】痛快事。

=2017/11/14付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
事故ってグチャグチャになったBMWを、歪みなく直すロシアの修理工
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
新天皇「5月1日即位」なら国民に明暗 「GW消滅確定」「10連休が発生するかも」
有名大学が大幅値上げラッシュ! 大学初年度給付金ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加