術後わいせつ行為 医師「プライドにかけ無罪主張」

術後わいせつ行為 医師「プライドにかけ無罪主張」

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30
No image

手術後の女性患者に病室でわいせつな行為をした罪に問われている医師が30日の初公判で、「私はやっておりません」と無罪を主張しました。

医師の関根進被告(41)は5月、東京都内の病院で、乳がんの手術をした30代の女性患者が全身麻酔の影響で意識がもうろうとしているなか、胸をなめるなどのわいせつな行為をした罪に問われています。関根被告は30日の初公判で、「私はやっておりません。乳腺外科医のプライドにかけて無罪を主張します」と述べ、弁護側は「病室は4人部屋で、看護師も出入りしていた。犯行は不可能」「麻酔からさめる途上で、妄想や幻覚が発生することは医学的に報告されている」と主張しました。一方、検察側は「患者の胸からつばの成分や大量のDNA型が検出された」と指摘しました。これに対し、関根被告は「手術前にDNA型などが付着する機会は十分ある」と反論しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
愛国青年が批判する日本と、自分が見てきた日本は同じではない=中国報道
中国の「移民排斥運動」はこんなにヤバい!~トランプどころじゃなかった
中国政府、トランプ氏の批判ツイートに沈黙
国外で「私は日本人だ」と偽る中国人留学生たち、「何たる悲哀」=中国
日韓の鳥インフル対応に歴然の差、確認から2時間で動いた安倍首相に韓国ネット「日本のトップがうらやましくなるなんて」「100年後も変わらない」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加