『WOOFIN’』韓国ヒップホップ特集 ユースカルチャーの最前線を追う

『WOOFIN’』韓国ヒップホップ特集 ユースカルチャーの最前線を追う

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2016/11/29

11月30日(水)に発売される男性向けファッション誌『WOOFIN’』2017年01月号にて、「KOREAN HIP HOP ISSUE」と題した韓国ヒップホップ特集が組まれる。

ラッパー・KEITH APEさんのライブレポートや、シーンの火付け役となったラップ番組「SHOW ME THE MONEY」が取り上げられるほか、韓国ヒップホップのヒストリー&名盤ガイドなどが約40ページに渡って掲載される。価格は700円(税込)。

ユースカルチャーと密接な関係にある韓国ヒップホップ

2015年元日、楽曲「It G Ma」をネット上にアップしたKEITH APEさん。

フィーチャリングには、同じく韓国ラッパーのOkasianさん。そして日本からはJayAllDayさん、Lootaさん、そして海外でも飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を集めるKOHHさんが参加した。

この楽曲は、韓国のみならずアメリカでも大きな反響を呼び、「エイジアントラップ」と呼ばれるサブジャンルが生まれるほど、若者のあいだで熱狂を生んでいる。

また8月には、日本初となる韓国ヒップホップ読本『ヒップホップコリア』が刊行された。

そんなにわかに脚光を浴びる韓国ヒップホップシーンの歴史を包括しながら、新世代のラッパーまでを網羅した今回の『WOOFIN’』。

ユースカルチャーの最前線を知る上で見逃せない企画が目白押しとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
THE RAMPAGE、新ビジュアル解禁 “軌跡”にファンから反響
銀杏BOYZトリビュート盤の全曲試聴スタート
レディー・ガガ×SMAP、3度目の共演が「スマスマ」で実現!「ビストロSMAP」に和装で来店したガガがオーダーしたのは......
『Crackdown 3』は2017年ホリデーに発売予定―Project Scorpioでの4K動作も
活動休止中のSEBASTIAN X、本日下北沢でライブ出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加