セダブリランテス右前脚の挫石でセントライト記念回避へ 次走は様子みて決定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15

無傷の3連勝でラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテス(牡3歳、美浦・手塚)が、秋の始動戦として予定していたセントライト記念を回避することになった。

当初は14日に最終追いを行う予定だったが、「右前脚の挫石で重賞を使うような追い切りができないと判断しました。出走をやめざるを得ないですね。程度はひどくないので、時間はかかからないはず」と師。次走は様子を見て決定する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
教えて! ぶっちゃけ妊娠中も「セックス」してた?
【ごめん、無理!】男性が「どう頑張っても抱けない...」と思う女性の特徴
今でも忘れられない最高のエッチエピソード5つ 思い出すだけでアソコが...
有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は......!
最新ヒートテックを100万人に無料配布! 発売15年目の大型キャンペーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加