最新ランキングをチェックしよう
不眠症と思い込むことは実際の不眠症よりも有害であるという研究結果(米研究)

不眠症と思い込むことは実際の不眠症よりも有害であるという研究結果(米研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/11/13

「眠れない。ああ眠れない。自分は不眠症かもしれない」そう思えば思うほどにますます眠れなくなってくる。不眠症の特徴は、定期的に起こる日常生活に影響するような不眠だ。
 不眠症を訴える人の多くは、客観的に測定できるような形できちんと眠れておらず、それについて不満を持っているということだ。
 ところが、本当は不眠症だが、そのことに不満を持たない睡眠不足の人は、日常的な疲労や不安による悪影響は出ていない

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は21日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
本当に違うかも!「冬の洗濯物が早く乾く」超カンタン裏技2つ
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加