最新ランキングをチェックしよう
「日本は負けたけど勝った」――現実を見ない「自称保守」の淵源

「日本は負けたけど勝った」――現実を見ない「自称保守」の淵源

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/10/13

1990年代末の日本を席巻し、のちの「ネット右翼」の誕生を導くことになった小林よしのり氏の『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』。その思想的な拠り所が、保守の論客・渡部昇一氏の『かくて昭和史は甦る――人種差別の世界を叩き潰した日本』にあることが、前回の考察で明らかになった。その続きとなる今回は、いまなお決まり文句のように語られる「慰安婦問題免罪論」、そして「大東亜戦争肯定論」の淵源を両書か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
本田圭佑「日本代表引退」へカウントダウン
“子供がかわいそう...”森且行、不倫交際を堂々宣言で批判殺到
長友「金髪化」にNHK、まさかすぎる対応! フリップに視聴者爆笑「無理やりすぎる」
「水曜日のダウンタウン」ロケで110番通報 TBS「ご迷惑をおかけした」と謝罪
左折レーンを直進した車が目の前に!「トラックの運転席からだとミラーでも確認できないので、このような運転はやめて欲しい」と訴える動画が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加