西武・新人合同自主トレを辻監督が視察「責任と自覚を持って」

西武・新人合同自主トレを辻監督が視察「責任と自覚を持って」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/01/12
No image

西武・辻発彦監督

◆ 「おかしなところがあったら無理せず、隠さず」

西武第二球場で行われている新人合同自主トレに、辻発彦監督が登場。育成含む8名のルーキーたちの練習を見守った。

練習開始前には、選手たちを集めて話をした辻監督。内容については「あいさつ程度です」と笑ったが、「西武ライオンズの一員として、責任と自覚を持ってやってほしいということは伝えました」と明かした。

つづけて「どうしても目立とうとして頑張ってしまうだろうけど、おかしなところがあったら無理せず、隠さないこと。まだ先は長いんだから」とアドバイスも。各選手の印象については「もうちょっと動きを見てみないと」と前置きはしつつ、「やっぱり西川(愛也/2位)なんかは若いし、さすがだなという感じ。あと伊藤(翔/3位)はセンスあるね。野手でもいけそうなフットワークだった」とコメント。若き2人が早くも好印象を残している。

昨季は源田壮亮がレギュラーを掴み、新人王に輝く大活躍。投手でも平井克典がリリーフの一角として奮闘を見せるなど、ルーキーが2位躍進に大きく貢献したことは間違いない。

それでも、辻監督は「戦力になってくれれば越したことはないけど、ルーキーに頼っていてはいけない」と、まずは地力の強化を強調している。果たして、この中から何人が生存競争を勝ち抜き、開幕一軍のイスを掴むのか。まずは何事もなく、2月1日のキャンプを迎えてもらいたい。

【西武・新入団選手】
1位 斉藤大将(投手/明治大)
2位 西川愛也(内野手/花咲徳栄高)
3位 伊藤 翔(投手/徳島インディゴソックス)
4位 平良海馬(投手/八重山商工高)
5位 与座海人(投手/岐阜経済大)
6位 綱島龍生(内野手/糸魚川白嶺高)
育成1位 高木 渉(投手/真颯館高)
育成2位 斉藤誠人(捕手/北海道教育大岩見沢校)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「3番・福留」構想!金本阪神のV奪回打線見えた
大谷、復活へ加速30球!志願の術後初ブルペン
兵庫出身の巨人・ドラ2岸田 地元に貢献したい
巨人 投手陣に目標値設定 「規定投球回数到達者5人」など4項目
日本ハム・清宮、1軍決定!フィリーズ・大慈彌スカウト絶賛「タイプ的にはA・ゴンザレス」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加