星槎道都大が北海道勢初V王手「胸借りる」山本監督

星槎道都大が北海道勢初V王手「胸借りる」山本監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

6回表星槎道都大1死満塁、大西は右中間に3点適時三塁打を放ちガッツポーズ(撮影・鈴木正人)

<明治神宮野球大会:星槎道都大10-2環太平洋大>◇14日◇大学の部準決勝◇神宮

星槎道都大が8回コールド勝ちで決勝に進出、北海道勢初の優勝に王手をかけた。

初回に失策で先制を許したが、2回無死三塁、5番川崎進也三塁手(1年=太田第一)の左前適時打で同点に。その後3回2死二塁、4番石黒凌中堅手(4年=北海学園札幌)が左中間に勝ち越しの適時二塁打を放った。6回は2長打と3連続四死球で5得点、一気にリードを広げた。

大会初勝利を挙げた勢いで、決勝まで進んだ。山本文博監督(61)は「決勝は日体大さんにしろ、東洋大さんにしろ、どちらが来ても良い相手。思い切って胸を借りるつもりでやりたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
侍ジャパン先制!西武・外崎が日本代表1号ソロ「勝つしかない」
DeNAナイン FA・大和にラブコール   井納「チームに必要」早くも歓迎ムード!
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加