ノーベル化学賞に吉野彰さんリチウムイオン電池開発

ノーベル化学賞に吉野彰さんリチウムイオン電池開発

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/10/11
No image

動画を見る(元記事へ)

今年のノーベル化学賞が9日に発表され、旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)ら3人が選ばれました。

受賞が決まったのは吉野さんとアメリカ人のジョン・グッドイナフさん、イギリス人のスタンリー・ウィッティンガムさんの3人です。吉野さんはリチウムイオン電池の開発に携わり、マイナスの電極に炭素を使うことで安全性が高くなることを発見しました。リチウムイオン電池は小型・軽量化が可能で繰り返しの充電にも強く、それまで主流だったニッケル水素電池からの切り替えが一気に加速し、スマートフォンやパソコンなどで広く利用されています。石炭などの化石燃料を使わない社会の実現を可能にしたことが評価されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地上発射型小直径爆弾 サーブとボーイングが試射に成功
新しい完全ワイヤレスイヤホンAirPods Proは50ドル値上げで10月末に発売か
DC/DCスイッチング・レギュレータで用いるMLCCを削減する方法
あまりにお粗末。楽天モバイルが他社からユーザーを奪えぬ訳
航続距離は最大160km!超モダンで美しい電動バイク「Brekr Model B」は高パフォーマンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加