販売停止の玩具ばかりを集めた、不思議な博物館を少女が巡る「有害無罪玩具」

販売停止の玩具ばかりを集めた、不思議な博物館を少女が巡る「有害無罪玩具」

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/02/12

詩野うらの単行本「有害無罪玩具」が、本日2月12日に発売された。

No image

「有害無罪玩具」

すべての画像を見る(全5件)

「有害無罪玩具」は著者がWebサイト・チラシのウラ漫画で公開していたマンガをまとめた作品集。表題作では「明確な理由はないけどなぜか販売を停止するべきとなった物」をコレクションする博物館を見学に訪れた女子中学生が、館長の案内で“命を宿したしゃぼん玉”“未来を見通すメガネ”“多重世界を観測するバッジ”といった展示物を体験していく。そのほか、時間が止まった世界で暇をつぶす女性を描いた「虚数時間の遊び」、不死の存在“金魚の人魚”を巡る「金魚の人魚は人魚の金魚」、描き下ろしとなる「盆に復水 盆に帰らず」の計4本が収録された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
弓月光氏画業50周年記念の原画展5月開催 『みんなあげちゃう◇』『ボクの初体験』など展示
水泳部の女子が異世界で魔法を繰り出す、ちょっとHなファンタジー「みずまほ」1巻
「甘い生活」弓月光の原画展が池袋で「さほど波もなく過ぎた50年の足跡です」
ブライダルから葬式まで、“お見送り”する男たち描く新連載「大安仏滅」
Nagy短編集、ダウナー系の地味女が異世界で黒ギャル化しちゃう作品など6本収録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加