Core i9-9980XEはスゴイの?詳細スペックから検討する第9世代Coreと次期Core Xの価値

Core i9-9980XEはスゴイの?詳細スペックから検討する第9世代Coreと次期Core Xの価値

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/10/10
No image

第9世代Coreプロセッサーの最上位「Core i9-9900K」。

Intelは現地時間10月7日午前10時ニューヨークにて、秋のデスクトップ向けCPUのイベントを開催し、メインストリーム向けのデスクトップCPU「第9世代Coreプロセッサー」とハイエンド向けのデスクトップCPU「Core Xシリーズ」(開発コードネーム:Skylake-X Refresh)の最新モデルを発表した。第9世代Coreプロセッサーは本日より予約開始で10月19日発売、次期Core Xシリーズは11月の販売を予定している。

発表会の中継では、詳細不明だったが、その後Intel Newsroomで、各モデルのスペックなどが判明したので紹介する。

第9世代Coreプロセッサーは「K付き」の3モデル

第9世代Coreプロセッサーは倍率ロックフリーのいわゆる「K付き」のCore i9-9900K、Core i7-9700K、Core i5-9600Kの3モデル。

No image

第9世代Coreプロセッサーのラインアップと第8世代Coreプロセッサーの同セグメント比較。

第8世代Coreと比べてみると、TB2.0時のブーストクロックが向上しているのが目を引く。また、Core i7でハイパースレッディングが切られているのが気になるところ。8コア/8スレッドと6コア/12スレッドの対決に注目が集まるだろう。価格は同セグメントで比べると若干ではあるが高価になっており、Core i9-9900KはCore i7-8700Kよりも118ドルほど高い。日本円換算で1万3000円程度の差になるかもしれない。

なお、第9世代CoreはIntel Z370チップセット搭載マザーボードでもBIOSの更新で使える。逆もまた然りで、第8世代CoreプロセッサーをZ370チップセット搭載マザーボードでも使えるので、幅広い組み合わせが可能だ。

No image

Core i9-9900Kのイメージカット。

No image

第9世代Coreプロセッサーのロゴ。

No image

第9世代Coreプロセッサーのダイデザイン。

No image

第9世代Coreプロセッサーのウエハー。

No image

Core i9-9900Kのパッケージ。内パッケージが透けて見える。

次期Core Xシリーズは7モデル、下位SKUに変化

No image

次期Core Xシリーズ。

次期Core XシリーズはCore i9-9980XE、Core i9-9960X、Core i9-9940X、Core i9-9920X、Core i9-9900X、Core i9-9820X、Core i7-9800Xの7モデル。型番が従来の「Core i9-7900系/Core i7-7800系」から、「Core i9-9900系/Core i7-9800系」に2段飛んでいるのが面白い。

また、対応プラットフォームはX299チップセット搭載マザーボードなので、おそらくBIOSアップデートを行なえば現行マザーボードでも使えるはずだ。

No image

次期Core Xシリーズのラインアップと現行のCore Xシリーズの同セグメント比較。その1。

18コア~14コアの製品は動作クロック以外のスペックがほとんど同じだ。もちろん、Skylake-X Refreshでは放熱に有利なソルダリング仕様のため、OC時の冷却性能は現行Core Xとは比べるべくもないだろう。価格は据え置きなので、お買い得度は上がっている。

No image

次期Core Xシリーズのラインアップと現行のCore Xシリーズの同セグメント比較。その2。

しかし、12コア~10コアのラインでは上位SKUと様相が異なる。10コアのSKUが9900Xと9820Xの2種類あり、L3キャッシュの容量と動作クロックが異なるSKUとして位置付けている点に注目してほしい。また、Skyalake-Xでは12コア以下のモデルのTDPは140Wだったが、Skylake-X Refreshではすべて165Wに上がっている点も見逃せない。

Core i9-9820XとCore i7-7820Xでは、ブランド名もコア数もPCI Express 3.0のレーン数も上がっており、シリーズ全体を底上げしていると思われる。つまり、Core i9-9820Xはこれまで空席だった599~989ドルの間に放り込まれた競合製品対策SKUなのではなかろうか。

No image

次期Core Xシリーズのラインアップと現行のCore Xシリーズの同セグメント比較。その3。

最下位製品も2コア増でPCI Express 3.0のレーン数も上位と同等まで増やしている。ここで気になってくるのが、Core i9-9900Kの存在だ。定格クロックやメモリーチャンネル数、PCI Express 3.0のレーン数ではCore i7-9800Xに劣るものの、ゲーミングで有利なTB時の最大クロックや101ドル安の価格設定を考えると、Core i9-9900Kはすさまじく魅力的な選択肢に見えてくる。

しかも9800Xはあくまで「Core i7」ブランドだ。多くのユーザーからは「Core i9」ブランドの9900Kのほうが煌びやかに見えることだろう。そういう意味では、今回のSkylake-X Refreshの最下位SKUは底上げされてはいるものの、メインストリーム最上位のCore i9-9900Kをより輝やかせる高度な戦略的SKUだと思うのは筆者だけだろうか。

No image

次期Core Xシリーズの裏側。

というわけで、現行世代とのスペック比較で論じてきた第9世代Coreと次期Core Xシリーズだが、ベンチマーク前の筆者の感想をまとめると「物理8コアならCore i9-9900Kを買うべき」だ。上述のように、プラットフォーム的な優位性はCore Xにあるものの、価格差を考えるとCore i7-9800XはあまりおいしいSKUではない。もちろん、Core i7-7800Xからの買い替えならアリだが、ここからHEDTを選択するなら、上位SKUを買ったほうが性能差を気にせず穏やかに過ごせるはずである。

では、Core i9-7980XEを買った筆者のようなエンスージアスト諸君はどうすれば良いか。無論、「迷わずCore i9-9980XEを買うべき」である。スペックを見ているだけでは、動作クロックが微増しただけのお値段据え置きCPUではあるが、「ソルダリング」この1点において9980XEは超魅力的な選択肢だ。

というのも、18コアというメニーコアCPUではOC時の温度の跳ね上がり方は異常で、筆者も殻割してなんとかかんとかAll Core 4.6GHz OCで常用という具合だ。それがソルダリングになることで、殻割のリスクを避けて(OC行為も補償外ではあるが……)気軽にOCできるはずだ。ゆえに、9980XEへの買い替えは全然アリだろう。

■関連サイト
Intel Newsroom

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CEATEC JAPAN 2018 第5回 家の中の片付けをロボットが全自動でやってくれる未来を見せるPFN
Atermが無償アップデートで3倍高速に!
アドビ、ほぼフル機能のPhotoshopをiPadに投入へ
グーグル「Pixel 3」速攻レビュー! iPhone XS Max、HUAWEI P20 Proともプチ比較
CEATEC JAPAN 2018 第2回 ガンダムのザクを使った公式プログラミング講習キットを紹介するバンダイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加