GPU非搭載ながら第9世代最安約1.2万円のCore i3-9100Fが新登場

GPU非搭載ながら第9世代最安約1.2万円のCore i3-9100Fが新登場

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/05/17

統合型グラフィックスを省略したインテルの第9世代Coreプロセッサーから、新モデル「Core i3-9100F」が発売された。

No image
No image

統合型グラフィックスを省略した「Core i3-9100F」

発売されたのは、末尾に「F」が付く内蔵グラフィックス機能を省略した「Core i3-9100F」。ゲーミングPCなどビデオカードの利用を前提とするCPUで、vProやTSX-NI、SIPP、TXTにも非対応となっている。なお、同じくCore i3からは、4月に「Core i3-9350KF」が発売されている。

No image
No image

別途ビデオカードが必要ながら、価格は1万2480円と第9世代Coreプロセッサーとしては最安クラスになっている

主なスペックは、4コア/4スレッド、クロック3.6GHz、最大クロック4.2GHz、共有スマートキャッシュ6MB、TDP 65W。

価格は1万2480円。パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

インテル

【取材協力】

パソコンショップアーク

ツクモ

ドスパラ

パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Huawei、Androidの利用停止に対するコメントを発表
PayPay、6月3日からYahoo!ショッピングやヤフオク!で利用可能に
ラブホ盗撮事件が多発...防止グッズはもはや必須化するのか?
「Firefox 67」正式版リリース、マイニングスクリプトのブロックや追跡防止機能の強化、ページロードの高速化など
話題の超小型スピーカー「EWA A106(1999円)」を使ってみたらサイズを超えたサウンドが鳴ってビビった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加