韓国大統領辞任の意向で弾劾日程見直し迫られる

韓国大統領辞任の意向で弾劾日程見直し迫られる

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30
No image

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が国会の結論次第で任期満了前にも辞任する意向を示したことを受けて、野党は30日にも発議する予定だった弾劾(だんがい)日程の見直しを迫られています。

朴大統領は親友の国政介入事件を受け、29日に3回目の談話を発表し、「任期短縮を含めた退陣の問題は国会の決定に任せる」と任期満了を待たずに辞任する考えを示しました。これに対して、野党は「弾劾を避けるためのごまかしだ」と批判し、弾劾手続きを進める方針です。ただ、弾劾案の可決には与党から28人以上の造反が必要で、野党は来月9日の採決を目標に、30日午前10時から今後の対応を話し合う予定です。一方、与党の「非主流派」は「来月9日までに、与野党で朴大統領の進退について合意できなければ弾劾に賛成する」と表明するなど、弾劾を巡る動きは混沌としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
蓮舫代表 会期末に内閣不信任案を提出に前向き
「官民データ活用推進基本法」成立に向けて4
「部落差別解消推進法」が成立
地方議会の“巨悪”とガチンコ勝負。百条委公開求めた証人が告発される本末転倒
小池百合子知事、政治塾で初めて「都議選に候補者擁立」を宣言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加