夫が失業すると専業主婦に年金保険料がかかる矛盾

夫が失業すると専業主婦に年金保険料がかかる矛盾

  • WEDGE
  • 更新日:2018/11/05
No image

(itasun/Gettyimages)

今回は『老後破産しないためのお金の教科書』の著者である塚崎が、公的年金制度の問題点について解説します。

サラリーマンの専業主婦が優遇されていて不公平

公的年金の制度は、2階建てになっています。1階部分は国民年金で、20歳以上60歳未満の国内居住者は全員が加入します。2階部分は厚生年金で、サラリーマン(公務員、教職員等を含み、男女を問わない。以下同様)が加入するものです。

国民年金の加入者は、3つのグループに分けられます。サラリーマンは第2号と呼ばれ、厚生年金保険料を給料から天引きされたことで、国民年金の保険料も支払ったものと見なされます。サラリーマンの専業主婦は第3号と呼ばれ、夫が厚生年金保険料を天引きされた事で、自分も国民年金保険料を支払ったものと見なしてもらえます。それ以外は第1号と呼ばれ、自分で年金保険料を納める必要があります。

なぜ、サラリーマンの専業主婦は国民年金保険料を納めなくて良いのに、自営業者の専業主婦や失業者の専業主婦は納める必要があるのか、疑問というより不公平ですね。かつての日本は、皆が結婚し、サラリーマンの妻は専業主婦で自営業者の妻は共働きで、失業者がほとんどいない、という均質的な社会だったので、そういう制度で問題ないとされたのでしょう。

しかし、今では人々の生き方、働き方は様々です。結婚しない人もいます。失業者もいます。サラリーマンの妻がキャリアウーマンである事も珍しくありません。それなら、一層のこと国民年金の保険料は全員が一律に支払うことにするべきだと筆者は考えています。

130万円の壁ができて労働力がフル活用されず

正義とか公平とかは別としても、サラリーマンの専業主婦のパート収入が年間130万円以上になると(働き方等により106万円の場合もある。以下同様)専業主婦と見なされずに年金保険料を徴収されるようになるので、年収がぎりぎり130万円に達しない範囲に労働時間を抑えている専業主婦が大勢います。

全員が年金を納めるように制度が変更されれば、こうした専業主婦たちは思う存分働くことができるでしょうから、本人たちにとっても日本経済にとっても素敵なことだと思うのですが、残念です。

余談ですが、筆者はサラリーマンの専業主婦には年収200万円くらい稼ぐことを勧めています。それくらい稼げば、厚生年金保険料等を払っても手取りは大幅に増えますし、厚生年金に加入できれば老後の生活の安定感が増すからです。特に女性は平均寿命が長いことを考えて、老後の年金を充実させましょう。

手続きを怠らないように気をつけよう

ここで、実際の手続きについて、注意すべき事を挙げておきましょう。上記のように、年金上は身分が3つ(上記の第1号、2号、3号)ありますから、各自がどの身分なのかを把握した上で、身分に変化があった場合は届け出をする必要があるのです。

男性ももちろんですが、特に女性は年金制度上の身分が頻繁に変わる場合がありますから、注意が必要です。

まず、20歳になった時点で正社員になっていれば、2号ですから何も必要ありませんが、大学生だったり非正規労働者だったりして正社員で無かった場合には、1号となりますから、年金保険料を自分で支払わなくてはなりません。もっとも、所得が低くて払えない場合は、免除や学生納付特例を申請できるかも知れませんから、年金事務所に相談してみましょう。

学生の場合は、支払いを待ってもらえるだけなので、届け出をする意味はない(黙って払わずにいれば良い)と考えている人も多いようですが、届け出を1枚提出するだけで、万が一学生時代に大怪我をした場合に障害基礎年金が受け取れるなどのメリットがありますから、面倒だと思っても届け出をしておきましょう。

なお、学生の場合、保護者の所得が高く、従って比較的所得税率が高い場合には、年金保険料を親に支払ってもらう、という選択肢があります。というのは、保護者が扶養家族の社会保険料を支払った場合、保護者が確定申告をすることで支払った保険料が所得控除になるからです。所得控除ですから、保護者の所得税率(厳密には限界税率)が高い場合は、特に要検討です。

ちなみに、国民年金保険料を保護者に払ってもらった代わりに授業料の一部は自分で負担する、といったことも要検討ですね。家庭内の金銭授受については筆者のあずかり知らぬことですが(笑)。

女性が大学を出て就職し、正社員になるとします。その時は会社が届け出をしてくれるので何も要りませんが、結婚退職あるいは出産退職をして専業主婦になった場合は自分で身分の変更を届け出ないといけません。年金事務所は、以前の勤務先から「もう我が社の社員ではない」という連絡を受けるだけなので、「彼女は1号なのだろう」と考えているわけです。「私は3号ですから、保険料は払いませんが、よろしく」という届けが必要なのです。

2002年度からは、夫が勤務先に「結婚して、妻を扶養しています」と申告すると、年金事務所に情報が行くようになったので、問題は少ないと思いますが、それ以前に専業主婦となった方は、届け出が漏れている可能性がありますので、「ねんきん定期便」などで自分の年金記録を確認してみましょう。

自分の退職ならば、届けが必要な事に気づく場合も多いでしょうが、問題は夫の退職です。夫が退職して自営業者や失業者になると、妻は3号から1号になるので、専業主婦に年金保険料の支払い義務が生じます。

夫がリストラされた、夫と離婚した、死別した、といった時に届け出をして年金保険料を払いに行くのは大変辛いことですが、きちんと届け出をしましょう。保険料が免除される可能性もありますので、相談してみましょう。

ちなみに、夫がリストラされたことを妻に黙っていると、年金事務所から保険料の納付書が届いて妻にリストラされたことがバレるのが落ちでしょうから、気をつけましょう(笑)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
年収260万円で子供2人の家計は破綻寸前。専業主婦の妻がパートに出てくれれば...
【本日から】無印良品週間がスタートするよ! 本当に買ってよかったオススメ商品3つ
「ハワイのストライキ」最新情報37日目に突入です。JTBは顧客に通知、終息の目途立たず
「2019年・星座別占い」石井ゆかりによる来年の運勢(前編)
ヨガのクラスで言う「ナマステ」。一体どういう意味?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加