セレーナの元カレが、ジャスティンの元カノと交際! セレブの複雑すぎる“穴兄弟・竿姉妹”事情

セレーナの元カレが、ジャスティンの元カノと交際! セレブの複雑すぎる“穴兄弟・竿姉妹”事情

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2017/11/13
No image

ジャスティン・ビーバー(23)とセレーナ・ゴメス(25)が、まさかの復縁で世間をあぜんとさせている。セレーナとザ・ウィークエンド(27)とのラブロマンスなどなかったかのように元サヤに戻った2人だが、ゴシップのスポットライトからはじき出されたウィークエンドにも、このたび新しい彼女ができたと伝えられた。その相手は、ジャスティンの「セフレの一人」とうわさされていたセクシーモデルのヨヴァンナ・ベンチェラ。ネット上では、「最近の若いセレブは穴兄弟、竿姉妹が多すぎる」「ジャスティン、ウィークエンド、ドレイク……カナダ人アーティストがアメリカ美女を食いまくっててムカつく」と騒がれている。

ジャスティンとセレーナの交際の歴史はよく知られているので、ここではザッと振り返っておこう。最初にうわさされた2010年12月から、「ジェレーナ」というカップル名で応援されていた。だが、翌年に当時17歳のジャスティンが、3歳年上の一般女性に「私の赤ん坊の父親はジャスティン」だと認知訴訟を起こされたあたりから雲行きが怪しくなっていく。「ジャスティンは童貞だって言ってた」「挿入して30秒で射精した」とドギツいことを暴露していたこの女性は結局訴訟を取り下げ、ジャスティンはセレーナと復縁したものの、その後、破局と復縁報道が繰り返されるようになった。

12年11月にミランダ・カーとの浮気疑惑が浮上した後、ジャスティンはバケーション先でセレーナに捨てられる。これでヤケクソになったのか、13年に入るとジャスティンは「大麻吸引」「飲酒運転/無謀運転で逮捕」「上半身裸でオラつきながら外を歩く」「コンサートに遅刻」「パパラッチに殴りかかる」「ドイツの税関で没収されたペットの猿を見捨てる」「レストランのキッチンのバケツに放尿」「近隣宅に生卵を投げる」などなど奇行に走り、アンチが急増。飲酒運転と生卵事件ではさすがに裁判になり、刑務所行きは免れたものの、有罪判決を受けてしまう。

だが、自分がフッた結果のこうした騒動にもかかわらず、セレーナはジャスティンへの気持ちを完全に断ち切っておらず、相変わらずくっついたり離れたりを繰り返していた。

13年3月に深夜トーク番組『Late Show』に出演したセレーナは、「今は誰とも付き合ってないシングルよ」と断言。が、翌月には上半身裸のジャスティンに背後から抱きつく白黒写真をインスタグラムに投稿し即削除するという意味深な行動をし、ファンは混乱に陥った。

5月には『ビルボード・ミュージック・アワード』のバックステージでセレーナがジャスティンとすれ違う際、頬にねっとりとキスをし、それを見たテイラー・スウィフトが「おえっ」と吐く表情になり話題に。テイラーはセレーナの親友で、ジャスティンとの交際には反対していることも伝えられ、世間はセレーナを「ジャスティンから離れられないダメ女」認定するようになった。

その後も2人はくっついたり離れたりしていたが、14年4月に「ジャスティンのスマホにカイリー・ジェンナーの写真が保存されており、セレーナが大激怒し、決定的に破局」したと報道。セレーナと別れたジャスティンは、カイリーのほかにアドリアナ・リマ、ヨヴァンナ・ベンチェラらとうわさになり、セレーナもオーランド・ブルームと一緒にいるところを激写された。「ジャスティンはオーランドの元嫁ミランダと浮気したから、当てつけでリベンジ・セックスでもしたのか」とゴシップされたものだった。

セレーナが、やっときっぱり別れを表明したのは、14年秋のことだった。11月に「The Heart Wants What It Wants」という失恋ソングをリリース。MVの冒頭ではジャスティンについて語り涙する姿が流れ、世間は彼女に激しく同情。同月『アメリカン・ミュージック・アワード』で感情を込めてパフォーマンスし、親友のテイラーが「よく別れた! 感動した!」というふうに涙を浮かべて拍手を送る姿が話題になった。その後も15年8月に「もううんざり。何、この腐れ縁」という内容の「Same Old Love」をリリースし、大ヒット。この年の秋頃から2人はメディアのインタビューで「若すぎた」「世間に騒がれすぎた」から破局したと語るようになり、互いのことを歌った曲を発表するようになった。

セレーナもジャスティンも、さまざまな相手とデートを繰り返していたが、「腐れ縁」は切れていなかった。16年8月には、ジャスティンが新彼女ソフィア・リッチーとのイチャイチャ写真を投稿してはファンを悲しませているのを見かねたセレーナが、「ファンを大切に」とコメントしたところ、激怒したジャスティンがインスタグラムのログを全削除する騒動に発展してしまう。セレーナは体調を崩し、ツアーをキャンセルして、療養のためリハビリ施設に入院してしまった。

そうしたつらい出来事を経た彼女は、今年に入り、ラッパーのザ・ウィークエンドとの交際を公表した。国内外で仲良くデートする姿を見せつけ、年上で個性的なアーティストとの大人のラブロマンス感あふれる写真が、たびたびパパラッチされるようになる。

今年6月、アリアナ・グランデが英マンチェスター公演直後に発生したテロ事件の犠牲者のために開催した慈善コンサートにジャスティンも参加し、これにセレーナが「ジャスティンは、よくやったわ。素晴らしかった」とコメント。「ジェレーナ」の復活を願うファンは「これがきっかけでセレーナがジャスティンに惚れ直し、ウィークエンドと別れて復縁してくれれば」と、ときめいた。

だが、この一件からしばらくの間は、そんな気配はみじんも存在しなかった。ジャスティンは7月にツアーをキャンセルして教会に入り浸るようになり、セレーナは9月に突然「実は持病が悪化し、親友がドナーになってくれて、夏に腎臓移植を受けた」と激白。それぞれが恋愛どころではない状況に置かれ、世間を驚かせたのだった。なお、セレーナの移植の件はジャスティンも知らなかったようで、びっくりしていると伝えられた。

事態が動きだしたのは、10月末のこと。ジャスティンがセレーナの家に行ったり、一緒に出かけているところをパパラッチされる回数が増えたのだ。米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は「セレーナとウィークエンドは夏頃から関係が悪くなり、すでに別れていた」「ジャスティンが必死にアプローチして復縁した」と報じた。2人で楽しそうに自転車デートする姿がパパラッチされ、ファンは「こんなにうれしそうに笑うセレーナの顔を、久しぶりに見た」「本当に幸せそう」と、復縁を応援するようになった。

その後、セレーナがアイスホッケーするジャスティンを応援したりと、カップルぶりをアピール。最初は「セレーナの新作アルバムのための話題作りで、復縁してみせたのだろう」と意地悪い目で見ていた一部メディアも、「数々の嵐を乗り越えた彼らの愛は本物」「今度こそは、うまくいくかもしれない」と好意的に報じるようになってきた。

一方、彼女と別れたウィークエンドにも、ラブロマンスが発覚する。しかもそのお相手が、ジャスティンとたびたびうわさになったセクシーモデルのヨヴァンナ・ベンチェラだというから驚きた。

米ゴシップ芸能雑誌「Usウィークリー」によると、ウィークエンドは今月9日にビバリーヒルズで開催されたフレンチ・モンタナの誕生日パーティーに、ヨヴァンナと手をつないで登場した。「滞在していた2時間、ヨヴァンナと手をつなぎっぱなしで、彼女を連れ回していた」「彼女の存在を見せつけるかのように、アピールしまくっていた」という情報筋の話が伝えられた。

翌10日には、ウィークエンドがヨヴァンナと一緒の車でナイトクラブを去る姿がパパラッチされ、交際を始めたのは間違いないだろうと報じられた。

ネット上では、「またジャスティンのお下がりか」「穴兄弟もいいとこ」「いや、女の好みが一緒なんだろう」「カナダ人は、ラテン系のセクシーな女が好きなんだろう」という意見が飛び交い、「今の若いセレブは穴兄弟、竿姉妹ばかりでキモい」とドン引きする者もいる。

この「今どきの若いセレブは穴兄弟、竿姉妹ばかり」という指摘は、確かにその通りと言わざるを得ない。

ジャスティンはソフィア・リッチーを介してジェイデン・スミス、ジジ&ベラ・ハディッドの弟アンワル、コートニー・カーダシアンの元内縁の夫スコット・ディシックと穴兄弟。うわさをうのみにするならば、アンワルと現在交際中のニコラ・ペルツ、コートニー・カーダシアンとも寝たことがあるので、アンワル、スコットとは2重の穴兄弟になる。また、ジャスティンはケンダル・ジェンナーともうわさになったことがあるので、実妹のカイリーと異父姉であるコートニーの3姉妹が竿姉妹でもあるということになる。

また、ジジ・ハディッドがゼイン・マリクの前に交際していたジョー・ジョナスは、デミ・ロヴァートやテイラー・スウィフトと交際したことがあり、セレーナはこのジョーの弟ニック・ジョナスと交際。ニックはマイリー・サイラスと交際していたことがあり、マイリーはジャスティンとうわさになったことがある。そしてジョナス兄弟を通して知り合い、親友になったテイラー・スウィフトとセレーナは、2人とも俳優のテイラー・ロートナーと交際していたため、正真正銘の竿姉妹。右を見ても左を見ても元カノ、元カレばかりで、もうめちゃくちゃなのだ。

これはほんの一部で、まだまだ線はつながっていく。行動範囲が同じだからなのか、狭い世界なのか、とにかく今どきの若いセレブは穴兄弟、竿姉妹ばかりだ。

ウィークエンドとヨヴァンナの交際について、一部メディアは「セレーナやジャスティンへの当てつけ交際」だと報道。しかし、セレーナとはかなり前に別れていたようだし、ヨヴァンナはセレーナと元カノのベラ・ハディットを足して2で割ったような外見であることから、ただ単にウィークエンドの好みなのだろう。ヨヴァンナもジャスティンにとっては都合の良いセフレだった可能性が高いが、自分の知名度を上げるために利用できたウィン・ウィンの関係だったはず。ウィークエンドとの交際が、ジャスティンへの当てつけである可能性は低そうだ。

これ以上ジャスティンとセレーナの穴兄弟、竿姉妹が増えないこと、そしてこのカップル2組が幸せになることを、心から祈りたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加