阪神、広島の優勝阻止も痛恨ドロー ドリス2戦連続S失敗、2回以降無得点

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/14

阪神 2 - 2 巨人
<22回戦 甲子園>

巨人が終盤に粘り、延長12回引き分け。阪神はマジックを「1」としていた広島の優勝決定を阻止したが、巨人戦に1敗2分けと負け越した。

阪神は初回、巨人先発・菅野に対し二死二、三塁の好機を作ると、5番大山がしぶとく左前へ運ぶ2点適時打を放ち、幸先よく2点を先制した。大山は一塁の守備でも貢献。6回裏、一死二塁のピンチでカメラマン席ギリギリの一邪飛を好捕し、タッチアップを狙った二塁走者を三塁タッチアウトに仕留めた。

先発の秋山は、序盤の3イニングをパーフェクト。中盤以降は俊介、大山らの好守にも助けられ、6回を4安打無四死球で無失点。先発の責務を果たし、13勝目の権利を持って降板した。

しかし2点リードの8回、3番手の桑原が適時打を許し1点差。9回はドリスが二死から同点打を浴び、ドリスはこの巨人戦、2登板連続のセーブ失敗となった。

打線は9回以降、4イニング連続で先頭打者を出すも、2度の送りバント失敗が響きサヨナラならず。阪神は巨人相手に、4戦未勝利となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
春日部共栄vs狭山ヶ丘
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加