かわいすぎる!瀬戸康史が初月9で“女装男子”「抵抗ありません」

かわいすぎる!瀬戸康史が初月9で“女装男子”「抵抗ありません」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/07

俳優、瀬戸康史(29)が来年1月スタートのフジテレビ系「海月姫(くらげひめ)」(月曜後9・0)で女装演技に初挑戦することが6日、分かった。月9ドラマ初出演で、女優の芳根京子(20)演じる主人公のオタク女子と三角関係になる兄弟の兄で“女装男子”役。甘いルックスをいかして美女に大変身した瀬戸は「まったく抵抗がありません」と見事になりきった。

人気漫画の初ドラマ化が発表されてから、ネットなどで注目されていた“女装男子”役は演技派イケメンの瀬戸だった。

芳根主演の「海月姫」は、オシャレや異性に無縁でクラゲをこよなく愛する主人公の月海が、モテ男の女装男子と童貞エリートの兄弟と三角関係になり、恋を知る物語。

2014年公開の映画版で菅田将暉(24)が演じた“女装男子”の弟がドラマでは兄に設定変更され、瀬戸が挑戦。ファッションセンスを磨いた末に趣味で女装をしているが、イケメンプレーボーイである鯉淵兄弟の蔵之介を演じる。

11年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の森蘭丸役などで知られる瀬戸は来年デビュー13年を迎え、月9初出演。今年はNHK BSプレミアム「幕末グルメ ブシメシ!」などドラマ3本、映画2本、舞台2本に出演してきた。

今回は漫画のような甘いルックスをいかし、プロの手で1時間かけてメーク。ロングの巻き髪にミニスカート、赤いコートを着た姿はまさに“かわいすぎる美男子”だ。

瀬戸は「出演のお話をいただいてから、女子力を磨き続けています」とにっこり。役作りで、むだ毛を処理し、女性らしい体つきを目指して食事制限も。出演作の撮影現場では、共演女優の姿を研究し、女性スタッフからモテしぐさを学んだ。

人気漫画が原作だけに「ビジュアルだけでなく芝居という部分でも視聴者の皆さんに満足していただきたい」と初共演の芳根らと力を合わせて自信作を届けるつもりだ。

身も心も“女装男子”になりきる瀬戸に、原作者の東村アキコさんも「本当にかわいい! 期待大です!」と太鼓判。瀬戸は女子顔負けの美しさで、男女を問わずお茶の間を魅了する。

海月姫

20歳の月海(芳根)は、筋金入りのクラゲオタク女子。ある日、“女装男子”の蔵之介と出会い、その手ほどきでファッションやメークによって大変身。別人のように美しくなり、蔵之介の弟・修(配役は後日発表)と出会う。修は大物国会議員の父の秘書で、蔵之介とは正反対な恋愛未経験の童貞エリート。2人は腹違いの兄弟だ。修は月海にひと目惚れし、月海も修が頭から離れず、蔵之介は月海の姿に胸を締めつけられる…。

No image

初挑戦の女装演技で大変身する瀬戸康史。ミニスカに赤いコートをキュートに着こなした

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
KinKi Kids『CDTV』特番で「シンデレラ・クリスマス」披露
『刑事ゆがみ』完璧な最終回...傑作すぎて「続きは続編で」的ラストでも批判ゼロ
「CDTV」クリスマスSP、第2弾出演者9組発表
「そんな終わり方ある?」視聴者の不満が爆発! 2017年下半期“ダメ最終回”ドラマは?
ジャニーズ名番組惨敗......今年の「ガッカリ番組」「良すぎた番組」をテレビ関係者がランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加