東証、反発して始まる 上げ幅一時200円超

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/12/07

7日の東京株式市場で、日経平均株価は反発して始まった。前日の急落の反動もあり、日経平均株価の上げ幅は200円を超えて推移している。

平均株価の始値は前日終値比140円11銭高の2万2317円15銭。午前10時現在は、278円高の2万2455円15銭。

東京外国為替市場の円相場が1ドル=112円台半ばと、やや円安ドル高に傾いていることを背景に、平均株価が445円安となった前日の買い戻しが幅広い銘柄で入った。また、前日の米国市場でダウ工業株30種平均は続落したが、ハイテク株主体のナスダック総合指数は4営業日ぶりに上昇し、安心感が広がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
店舗の内装・改装工事って、いくらぐらいかかるもの?
50年連続黒字を維持する“無名”の自動車部品メーカーが「勇気ある経営大賞」に選ばれたワケ
「ディズニーランド長者」が続出!? オリエンタルランド、大規模拡張の報に連日の最高値更新
「課金売上ランキング2017」がヤバイ!1ヶ月で63億円を稼いだFGOより上がいたぞ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加