北京航空航天大学の「月宮365」密閉実験が無事終了、世界記録樹立―中国

北京航空航天大学の「月宮365」密閉実験が無事終了、世界記録樹立―中国

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/05/17
No image

北京航空航天大学の「月宮365」密閉実験が無事終了、世界記録樹立―中国

北京航空航天大学の「月宮1号」実験室で15日、「月宮365」実験が成功裏に終わり、人類の密閉された空間での最長生存世界記録を再び更新した。

北京航空航天大学の「月宮1号」実験室で15日、「月宮365」実験が成功裏に終わり、人類の密閉された空間での最長生存世界記録を再び更新した。新華網が伝えた。

この実験は2017年5月10日にスタートし、370日間にわたり、世界最長で、密閉度が最高となる生物再生・生命維持技術の実験となった。この実験では、密閉度と生物の多様性がさらに高められ、「人類−植物−動物−微生物」の4種類の生物がリンクする人工密閉生態システムの長期的で安定した循環を実現し、被験者たちは心身の健康を維持することもできた。

志願者は全部で8人で、全員が北京航空航天大学の学生。志願者たちは2チームに分かれ、交替で実験室に入り、第1班は60日間、第2班は200日間、第3班は110日間滞在した。そのうち、第2班の滞在時間が、ロシアの以前同タイプのシステムで滞在した180日間の世界記録をすでに更新している。(提供/人民網日本語版・編集/YK)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【朗報】「全ての人間は1~10秒後の出来事を感知している」30年間の研究で判明! 予知能力の存在が確定!
抗生物質が効かない耐性菌も簡単に殺してしまう最強のウイルス「バクテリオファージ」とは?
ゲノム編集技術「クリスパー」が可能にした、危険なトレンド
鳥に歯がない理由に新説、卵のふ化を早めるため
3Dプリンターで作った人工心臓が、患者を救う時代が来る!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加