細くて柔らかい『猫っ毛』をハリのある髪に変身させる方法って?

細くて柔らかい『猫っ毛』をハリのある髪に変身させる方法って?

  • 頭美人
  • 更新日:2018/05/16
No image

細くて柔らかい『猫っ毛』をハリのある髪に変身させる方法って?

猫っ毛の対策は

生まれつき細くて柔らかい髪質の人っていますね。

それは俗に「猫っ毛」と呼ばれます。

スタイリングがしやすいなどの利点がありますが、ボリュームが出にくかったり湿気ですぐにぺたんこになったりと、厄介なことも多いですね。

では、対策はないんでしょうか。

基準は、おおむね0.05ミリ

猫っ毛の基準はありません。

アジア人の髪の毛の断面の直径は0.04~0.15ミリと個人差がありますが、おおむね0.05ミリを下回ると猫っ毛といっていいでしょう。

日本人の多くは黒髪ですので、膨張して見える茶色や金髪の暖色系の欧米人に比べると、同じ太さでも外観上で細く見えることは否めません。

ただ、一般的に日本人を含むアジア人と欧米人とを比べると、アジア人の方が髪の毛が太いと言われています。

ボリュームが出にくい

もちろん日本人の中にも髪の毛が細い人はいます。

細い髪はコシがない分、一時的にスタイリングしやすいというメリットがあります。

ただし、あまり長続きしないため、強めのスタイリング剤やスプレーで固定する必要あります。

また、コシがないのでボリュームが出にくいのも悩みですね。

1本1本が細いので、薄毛になると目立ちやすくもなります。

ヘアクリームで対策を

生まれつき猫っ毛という場合は、ヘアケアや食生活を見直すことで改善することはできません。

そういう人の強い味方は、ボリュームアップ効果をうたったヘアクリームです。

これはマイクロファイバーなどが髪の毛をコーティングして、足りないコシを補ってくれます。

また、海藻エキスなど髪にいい成分や、紫外線防止効果があるものも製品化されています。

使うのは入浴後。濡れた髪につけてよく伸ばしましょう。

髪に水分があった方が、ヘアクリームが浸透しやすくなります。

クリームをつけるときは、毛先を入念に。

その後、よくタオルドライして、ドライヤーで完全に乾かすことをお忘れなく。

シャンプーにも気を付けて

また、猫っ毛の人は髪の毛が細いので絡まりやすいのが特徴。

シャンプーの際にごしごし洗うと、切れ毛の原因になります。

頭皮マッサージになるからとシャンプーブラシを使っている人も多いかと思いますが、絡まりを助長することもありますので、気を付けてくださいね。

シリコンを配合したシャンプーもコシを出すには有効ですが、毛穴をふさいでしまうという意見もありますので、注意する必要があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【黒ずみ・詰まり/乾燥・敏感】毛穴悩みに効く名品化粧水8選
朝一のバナナはNG!?ダイエットや血糖ケアもできる「低糖質フルーツ」3つ
肩甲骨が美ボディの要。1分でほぐして代謝を高めるトレーニング
1000円以下のプチプラコスメ!?安さ以上の期待に答えてくれる♡
食事を減らしちゃダメ!!! 食べたい女子に嬉しすぎる、大人気のダイエット「筋トレごはん」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加