ココ・バンダウェイが「フェドカップ・決勝」の開幕戦で勝利し、アメリカチームに弾み[フェドカップ・決勝]

ココ・バンダウェイが「フェドカップ・決勝」の開幕戦で勝利し、アメリカチームに弾み[フェドカップ・決勝]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2017/11/12
No image

11日に開幕した「フェドカップ・決勝」で、アメリカチームのココ・バンダウェイ(アメリカ)は、アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)との開幕戦を戦い、6-4、6-4の2-0での磐石な勝利を手にした。試合時間は、1時間33分だった。

今年の「フェドカップ・決勝」では、アメリカとベラルーシが雌雄を決する組み合わせとなり、国別対抗戦であることも影響してか、通常のツアーとは異なり、歓声などが響く中で、試合が行われた。

それぞれの選手については、バンダウェイは現在、世界ランキングで10位とぎりぎりだがトップ10につけている一方で、サスノビッチは87位。100位以内には入ってきているものの、まだまだ上位とは言いにくく、番付ではバンダウェイ有利で始まった一戦だった。

◇   ◇   ◇

試合は第1セットの1ゲーム目から動きを見せた。バンダウェイが自身の最初のリターンゲームでいきなりブレークを達成。リードを築くと、そのまま両選手ともキープを続ける展開に入った。バンダウェイはそのまま第1セットを奪い、1-0のリードを確保した。

一転して、第2セットの序盤では、バンダウェイもサスノビッチも、ブレークし合いながらスターとをきった。第1ゲームからバンダウェイがブレークすると、サスノビッチもすぐさまブレークバックし、1-1とする。

しかし、バンダウェイがさらにサスノビッチのサービスを攻めると、ゲームを手にし、またもや1ブレークのリード。続くサービスゲームで、激しいラリー戦でも譲らず、バンダウェイが、3-1とリードを固めた。

バンダウェイはその後、第8ゲームでブレークを許すものの、続く第9ゲームで再びブレークしてリードを取り戻した。そのまま、サービスを押し切り、勝利を手にした。

次戦としては、「全米オープン」を制したスローン・スティーブンス(アメリカ)とアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)とのカードが行われる予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※ココ・バンダウェイは「フェドカップ・決勝」の開幕戦を見事に勝利で飾り、初戦で弾みをつけた
(Photo by Richard Heathcote/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クールなブラックが魅力のタグ・ホイヤーと錦織圭のコラボモデル『カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ AIR-K5』
波形純理、豊田CH複V
逆転勝ちでエブデンが決勝へ
フェデラーのミスに会場どよめき
フェデラー 逆転負けで決勝逃す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加