W杯出場決定のスウェーデン、待望論浮上のイブラ様が“意味深ツイート” 「We are Zweden」

W杯出場決定のスウェーデン、待望論浮上のイブラ様が“意味深ツイート” 「We are Zweden」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/14
No image

ロシア行きを決めた直後の代表チームの集合写真とともに「Zweden」投稿

スウェーデン代表はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフで強豪イタリアを2戦合計1-0で下し、3大会ぶり12回目の本大会出場を決めた。代表引退を発表している英雄FWズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)の待望論が浮上するなか、希代のカリスマはツイッターで「We are Zweden」と意味深メッセージを残して、これを受け取ったファンが歓喜している。

ホームでの第1戦を1-0で勝利していたスウェーデンは、敵地での第2戦も堅い守備で失点を許さず、“ウノゼロ”勝利でW杯優勝4度の強豪国を打ち破った。スウェーデン紙「エクスプレッセン」によれば、スウェーデン代表MFセバスティアン・ラーション(ハル・シティ)は「試合終了のホイッスルが鳴った時の気持ちは、言葉では言い表すことができない」と歓喜の瞬間を振り返ったという。

そして、試合後にはイブラヒモビッチがツイッターを更新。ロシア行きを決めた直後のスウェーデン代表選手の集合写真とともに、「We are Zweden」とスウェーデンの頭文字SがズラタンのZに代わったなんとも意味深なメッセージが添えられている。

これにはファンも即座に反応。返信欄には「復帰のアナウンスだ!」、「ZwedenにはW杯であなたが必要だ」、「復帰が決まった!」と歓喜のメッセージに溢れた。

SNS上はカリスマFWの待望論に沸く

エクスプレッセン紙でも、「ズラタン・イブラヒモビッチが代表チームに戻ってくることを願っている」「ズラタンに電話だ」など、2016年の欧州選手権後に代表引退していたカリスマFW復帰に期待を寄せている声がSNS上で盛り上がっていることも伝えている。イブラヒモビッチは2010年南アフリカW杯の予選敗退時にも一度代表引退を表明し、その後に復帰していた前例があるだけにファンも2度目のカムバックを期待しているようだ。

また、イブラヒモビッチの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は「もし私次第であれば、彼に個人的に伝えてみよう」とコメントしているという。これについても、記事では「ライオラからの嬉しい声明」と大きく報じられている。

イタリアの敗退でGKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)というレジェンドが代表引退を表明した一方で、過熱するイブラヒモビッチ待望論。右膝負傷から復帰を目指している最中のカリスマは引退を撤回し、ロシアのピッチに立つことがあるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】イブラヒモビッチがツイッターに投稿、ロシア行き決定の歓喜の集合写真に“We are Zweden”の文字

https://twitter.com/Ibra_official/status/930202878588936192

イブラヒモビッチがツイッターに投稿、ロシア行き決定の歓喜の集合写真に“We are Zweden”の文字

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シティが10連勝!今季7度目の完封勝ちでレスターを一蹴...岡崎は途中出場
首都決戦  両チームが犠牲者に
マンCがレスターを圧倒してプレミア10連勝&首位堅持! 岡崎慎司は後半途中に出場も影が薄く...
ラモス出血 前半はスコアレス
<サッカー>W杯予選敗退国を招待する「裏W杯」開催?なぜ中国は招待されないのか―中国ネット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加