最新ランキングをチェックしよう
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす

あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす

  • Sportiva
  • 更新日:2017/08/20

夏の甲子園では数多くの劇的な結末があったが、これほど観客があっけにとられた試合はないだろう。延長15回までもつれた1998年8月16日の宇部商業(山口)と豊田大谷(愛知)戦は、「サヨナラボーク」で決着がついた。まさかの結末に甲子園は悲鳴とため息に包まれた。 宇部商業の小柄なサウスポー・藤田修平をリードしていた捕手が上本達之だった。現在、埼玉西武ライオンズでプレーする上本は『敗北を力に! 甲子園の敗

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
阪神・桑原、500%超UP!虎史上最高昇給率の可能性
オリックスが大和とFA初交渉 3年総額3億円...福良監督もサプライズ登場
“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加