最新ランキングをチェックしよう
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす

あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす

  • Sportiva
  • 更新日:2017/08/20

夏の甲子園では数多くの劇的な結末があったが、これほど観客があっけにとられた試合はないだろう。延長15回までもつれた1998年8月16日の宇部商業(山口)と豊田大谷(愛知)戦は、「サヨナラボーク」で決着がついた。まさかの結末に甲子園は悲鳴とため息に包まれた。 宇部商業の小柄なサウスポー・藤田修平をリードしていた捕手が上本達之だった。現在、埼玉西武ライオンズでプレーする上本は『敗北を力に! 甲子園の敗

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島、ビールかけTシャツに長蛇の列 1万枚以上売れる
鷹モイネロ負傷、復帰時期次第でリリーフ陣に影響も 起用法に再考の余地?
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
菜乃花のカープ優勝グラビア、I乳が横へ下へはみ出てめでたすぎる
阪神・糸井、謎の進軍ラッパ「ジャンヌ・ダルク」で日本一へ大逆転だ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加