最新ランキングをチェックしよう
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす

あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす

  • Sportiva
  • 更新日:2017/08/20

夏の甲子園では数多くの劇的な結末があったが、これほど観客があっけにとられた試合はないだろう。延長15回までもつれた1998年8月16日の宇部商業(山口)と豊田大谷(愛知)戦は、「サヨナラボーク」で決着がついた。まさかの結末に甲子園は悲鳴とため息に包まれた。 宇部商業の小柄なサウスポー・藤田修平をリードしていた捕手が上本達之だった。現在、埼玉西武ライオンズでプレーする上本は『敗北を力に! 甲子園の敗

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
よゐこ濱口、南明奈と結婚を「とったどー!」インスタで発表
ユニクロの「半袖ブラウス」は二の腕カバーに最適!でも、NGアイテムも...
『アメトーーク!』“HUNTER×HUNTER芸人”がネタバレ祭りで批判続出! 作品最大級のネタバレとは?
女子がドン引きする「男のダサ私服」ワースト10。2位はキャラT、1位は...?
『仮面ライダービルド』挿入歌第2弾「Evolution」、コーラスに実谷ななを起用!作詞家にも直撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加