仙台育英 エース長谷川が6回無失点 豪快一発は「うまく打てた」

仙台育英 エース長谷川が6回無失点 豪快一発は「うまく打てた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇第99回全国高校野球選手権大会第5日・1回戦 仙台育英15―3滝川西(2017年8月12日 甲子園)

No image

<滝川西・仙台育英>2回無死二、三塁、仙台育英の長谷川は右越え3ランを放つ。投手・鈴木

仙台育英が15安打18得点で滝川西を圧倒。2年前の準優勝校が2回戦進出を決めた。

先発の長谷川はこの試合で投打に活躍。マウンドでは6回を投げて2安打無失点。2回以降は無安打という快投だった。さらにバットでは2回に追加点となる右越え3ラン。9番打者でありながら、甲子園球場のライトスタンドへと豪快に白球を運んだ。

試合後、この打撃について問われた長谷川は笑顔を見せながら、「バッティング自体は好き。うまく打つことができた」とコメント。本業のピッチングに関しては、4つの与四球を今後に課題に挙げた。それでも、四球から崩れずにスコアボードに「0」を並べたエース左腕。「四球が多かったが、走者を出してから落ち着いて投げられた」と自身の投球を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加