明豊は五回終えて4-1とリード

明豊は五回終えて4-1とリード

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

第99回全国高校野球選手権大会第6日第4試合(明豊-坂井、13日、甲子園)第4試合は2年ぶり6度目の明豊(大分)と初出場の坂井(福井)が対戦。明豊が五回を終えて4-1とリードしている。明豊は三回、一死二塁から3番・浜田の左翼フェンス直撃の適時二塁打で1点を先制した。坂井は五回、二死二塁から3番・帰山の放った打球を相手二塁手が後逸し、ボールが外野を転がる間に二走が生還した。

明豊はその裏、無死一塁から浜田が中越えに2打席連続となる適時二塁打を放ち2-1と勝ち越した。なおも一死一、三塁として6番・本多、7番・吉村の連続適時打で4-1とした。

No image

3回、適時二塁打を放つ明豊・浜田=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
3人制バスケ女子の矢野 認知度向上へELT持田とイベント
清宮、中村、安田!U18侍211発クリーンアップ
花咲徳栄 野村の特大弾で初4強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加