【J1採点&寸評】仙台1-1湘南|仙台が圧倒するもドロー。MOMは先制点につながるシュートを放ったレフティ!!

【J1採点&寸評】仙台1-1湘南|仙台が圧倒するもドロー。MOMは先制点につながるシュートを放ったレフティ!!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/25
No image

【警告】仙台=S・マテ(89分) 湘南=菊地(69分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】永戸勝也(仙台)

No image

【警告】仙台=S・マテ(89分) 湘南=菊地(69分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】永戸勝也(仙台)

[J1リーグ24節]仙台1-1湘南/8月24日(土)/ユアスタ

【チーム採点・寸評】
仙台 6.5
チーム全員が攻守に渡ってハードワークし、見応えのあるゲームを披露。引き分けに終わったが、終始湘南を上回った。

【仙台|採点・寸評】
GK
24 ヤクブ・スウォビィク 6
ハイボールの処理は安定していて、26分、32分とビックセーブを連発。失点シーンはブラインドだったが、ボールに触っていただけに悔しい。

DF
MAN OF THE MATCH
2 永戸勝也 7
ロングパス、クロス、ドリブルなどで違いを見せ、能力の高さを披露。敵に付け入る隙をあたえずに、攻守で圧倒的な存在感だった。68分には利き足ではない右足でシュートを放ち、道渕の先制点につなげた。

13 平岡康裕 6
パスミスはいくつかあったが、守備面では安定した出来。身体を張ったシュートブロックやスライディングで敵を抑えた。

23 シマオ・マテ 6
競り合いでは負け知らずで、敵のプレッシャーに対しても冷静に対応し、正確なビルドアップを見せた。
MF
4 蜂須賀孝治 6
対面の野田や鈴木冬らに突破を許さずに右サイドに鍵をかけた。道渕との連係も試合を重ねるごとに向上している印象だ。

8 松下佳貴 6
前半は頭上をボールが行き交う時間が多く、技術を発揮できなかったが、後半は押し込む展開の中で正確なつなぎを披露した。

17 富田晋伍 6
フィルター役として中盤でインターセプトを見せ、ボールも多く捌くなど、与えられた役割を遂行した。

18 道渕諒平 6.5
90分間落ちない運動量でアグレッシブにラン。68分には永戸のシュートのこぼれ球を押し込んで先制点を奪った。
FW
11 石原直樹 6.5 (82分OUT)
ボールを収めようとするコントロールがやや不安定だったが、65分過ぎからは身体をうまく使いキープ。先制点につながる突破を見せた。

19 ジャーメイン良 6 (63分OUT)
不慣れな左サイドハーフで先発したせいか、序盤はプレーに迷いがあった。ただ徐々にフィットし、クロスやカットインからのシュートなど見せ場を作った。

38 長沢 駿 6
裏へのランニングや正確なポストプレーでチームの潤滑油に。79分の左足のシュートはクロスバーに直撃。
交代出場
FW
20 阿部拓馬 6.5 (63分IN)
リーグ第4節の湘南戦以来の出番。左サイドハーフの位置から推進力を活かして攻撃に厚みをもたらし、先制点にも絡んだ。

FW
9 ハモン・ロペス ― (82分IN)
出場時間は短く採点はなしだが、チームのために前線からボール追い続けた。

監督
渡邉 晋 6
「我々が勝点3を取るゲームだった」と試合内容には満足するも、引き分けに終わる。攻撃的なカードがベンチに少なく、最後の交代枠はひとつ残した。
【チーム採点・寸評】
湘南 5.5
苦手のユアスタ、かつ監督不在の苦しい条件下で勝点1。ただ、内容は仙台に圧倒され、暑い夏の環境で“湘南スタイル”を発揮できず。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 秋元陽太 6
失点シーンはノーチャンス。90分間通して危なげなくプレーし、最少失点に抑えた。

DF
4 坂 圭祐 6
跳躍力を活かして空中戦を制し、カバーリングも冴えていた。3バックの中央で最終ラインをコントロールし続けた。

5 杉岡大暉 5.5
スペースを与えず対人でも強さを発揮。ただ、失点シーンは一瞬の隙を突かれ、道渕に前に入られた。

13 山根視来 5.5
岡本と連係しながら守備をこなすも、ジャーメインの対応に少し手を焼いたか。最終ラインからの持ち運びもこの日はなかった。
MF
6 岡本拓也 5 (80分OUT)
キャプテンの大野の欠場に伴い高橋コーチから「リーダーシップを発揮してほしかった」と送り出された。ただ、試合を通して対峙した永戸のケアに追われた。

16 齊藤未月 5.5
中盤で守備に奔走して身体を張ったシュートブロックも光るも、押し込まれる展開のせいかゴール前に顔を出すシーンはわずか。

19 金子大毅 6.5
守備に追われる時間が長かったが、76分に右足を振り抜いて貴重な同点ゴール。GKの手を弾いて吸い込まれる強烈なシュートだった。

28 鈴木冬一  5.5
CKから良質なボールを供給ずれば、ゴール前にも顔を出した。ただ、51分のボレーシュートはGK正面。決定機は作れなかった。
FW
11 山﨑凌吾 6
最前線で基点になろうとしたが、S・マテのフィジカルに圧倒されたか。とはいえ金子の同点ゴールを正確なポストプレーでアシストした。

15 野田隆之介 5 (55分IN)
チーム最多の3本のシュートを放つも、それほど得点の匂いはせず。徐々に存在感も薄れ、早い時間に交代した。

18 松田天馬 5.5 (63分OUT)
前線から自陣のペナルティエリアまで精力的に上下動し、ボールを運んだ。その分、スタミナが早々に切れたか。
交代出場
MF
2 菊地俊介 5.5 (55分IN)
リーグ戦10試合ぶりに出場。シャドーに入るも、相手に試合を支配されて守備に重きを置いた。

MF
7 梅崎 司 5 (63分IN)
出場早々にセットプレーを任されてチャンスを作るも、その後は目立った活躍はできなかった。

MF
50 古林将太 ― (80分IN)
昨季まで仙台に在籍しており、古巣対戦となった。右ウイングバックで出場するも、プレー時間はわずか。試合後に仙台サポーターに挨拶する姿は印象的。

コーチ
高橋健二 6
前節の敗戦を活かし「やれることを見つめ直す」と臨んだ一戦。苦しいチーム事情の中でなんとか勝点1を持ち帰ることに成功した。

取材・文:古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鹿島、ACL広州恒大戦は前半0-0で終了 アウェーでペースを握られる苦しい展開に
宮市亮が今季初ゴール!! 左足ダイレクトで豪快同点弾、開幕7戦フル出場
下位相手にスコアレスも横浜FCは15戦不敗...松井大輔「取りこぼすのは良くないけど...」
「FWの選手に助言をするなら...」F・トーレスが引退試合で残したストライカーとしての金言

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加