巨人ゲレーロ「意識があった」10戦ぶりソロ先制弾

巨人ゲレーロ「意識があった」10戦ぶりソロ先制弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

DeNA対巨人 3回表巨人2死、ゲレーロは先制の左越え本塁打を放つ(撮影・林敏行)

<DeNA2-3巨人>◇17日◇ハードオフ新潟

巨人アレックス・ゲレーロ外野手(31)が2号先制ソロを放ち、10戦ぶりに先制点をもたらした。

3回、カウント1-0からDeNA飯塚の内角直球を捉え、高々とした放物線で左翼席に運んだ。1号までは60打席を要したが、2号は8打席で生まれた。昨季本塁打王が目覚めてきた。

「1打席目も同じようなボールで打ち取られていたので、意識があった」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
初本塁打・大谷のサイレントトリートメント洗礼に「かわいい」の嵐
前DeNA久保康友投手が米独立リーグと契約
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
横浜は順位が下位ばかりなので早くチームの力になりたいー若者達の思い
大谷翔平に“雑なアドバイス”、谷亮子の無責任発言に批判噴出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加