侍ジャパンの「トノ」株が上昇中 連続スタメンの外崎が先制三塁打

侍ジャパンの「トノ」株が上昇中 連続スタメンの外崎が先制三塁打

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/13

◆練習試合・侍ジャパン-西武(13日・清武SOKKENスタジアム)

稲葉ジャパン打線にあって、内外野をこなせるユーティリティープレーヤー外崎(西武)の株が上昇中だ。

6番二塁でスタメン出場。0-0で迎えた2回1死一塁の第1打席で、西武では同僚の右腕本田から右中間への三塁打を放った。一塁ランナーの上林(ソフトバンク)を先制ホームへ迎え入れると、後続の犠飛で自身は2点目のホームイン。

6番左翼で先発した前日12日、日本ハムとの練習試合に続き、練習試合2試合連続の安打でアピールした。

=2017/11/13 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
43歳草なぎ剛、スポーツ能力測定で22歳を上回る
清宮グッズ1号誕生、木田GM補佐の「黄金の左手」
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
藤谷、ビックリ7発!矢野2軍監督納得「一番飛んでいた」打撃練習継続決定
阪神・金本監督、中谷の30発保証!「彼なら絶対、打てると思う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加