通報時、警察官に「盗聴・盗撮」訴え ASKA容疑者

通報時、警察官に「盗聴・盗撮」訴え ASKA容疑者

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

覚醒剤を使用したとして逮捕されたASKA容疑者(58)が当初、警察官に対し、「海外のグーグルサイトに侵入したら盗聴された」などと話していたことが分かりました。

ASKA容疑者は先月、東京都内などで覚醒剤を使用した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、ASKA容疑者が自分で110番通報した際、駆け付けた警察官に「アメリカのグーグルサイトに侵入したところ、盗聴・盗撮されている」などと話していたことが分かりました。警察官が調べたところ、室内に盗聴器などはなかったということです。取り調べに対して、ASKA容疑者は「絶対にやっていない」などと一貫して容疑を否認しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世代によって大きく異なるバイクに憧れを抱いたきっかけ
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
千葉大「かなり重い処分になる」集団強姦
2歳の女児救った複数の奇跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加