特別展でさらに魅力アップ!ウィーン美術館巡り

特別展でさらに魅力アップ!ウィーン美術館巡り

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2018/01/13
No image

特別展でさらに魅力アップ!ウィーン美術館巡り

1900年頃に形成された芸術、建築、文化など現代にもその影響が残る「ウィーン世紀末芸術」。その時代に活躍した世紀末芸術を代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ、建築家のオットー・ワーグナー、そして総合芸術家のコロマン・モーザーの4人が亡くなったのが1908年でした。この4人の没後100年を記念して2018年に開催される様々な特別展示会のお勧めをピックアップします。

美術史美術館にはクリムト・ブリッジが再登場!

No image

写真:バレンタ 愛

まず一番のお勧めは美術史美術館。この美術館はヨーロッパ有数のコレクションを誇りブリューゲルやラファエロ、ルーベンスなどの絵画が数多く展示されている見逃せない所です。

この美術館の天井に近い壁に13枚のクリムトの作品があるのですが、2018年は特別にクリムト・ブリッジが設置され普段は12mの高さにある作品を目の前で見る事が出来ます。

クリムト・ブリッジはクリムト生誕150年の記念の年2012年にも設置されたのですが、それ以来の登場となります。次はいつ設置されるか分からないクリムト・ブリッジで、普段は遠くからしか見る事が出来ないクリムトの作品を堪能してください。

※「STAIRWAY TO KLIMT~Klimt Bridge and Nuda Veritas~」は2018年2月13日~2018年9月2日の開催

No image

写真:(C)KHM

<基本情報>
開館時間:6月~8月:毎日10:00~18:00、木曜は21:00まで
9月~5月:火曜~日曜10:00~18:00、木曜は21:00まで
入場料:大人15ユーロ、19歳以下無料
住所:Maria-Theresien-Platz, 1010 Wien
電話番号:+43 1 525 24 - 0
アクセス:地下鉄U2/U3、Volkstheater駅下車徒歩3分、トラム1,2、D、Burgring/Kunsthistorisches Museum下車すぐ

ベルベデーレ宮殿でもクリムト・シーレ作品を多数展示

No image

写真:(C) Belvedere Vienna

クリムトの有名な作品「接吻」があるベルベデーレ宮殿/オーストリアギャラリーでも特別展を開催。接吻があるのは上宮ですが、2018年3月22日~8月26日に「Beyond Klimt」を下宮で開催。クリムト、シーレ、ココシュカ、モーザーなどの作品が展示されます。

そしてオランジェリーでは2018年10月19日~2019年2月17日の間、「Pathways to a Collection~Egon Schiele~」が開催されます。

ベルベデーレ宮殿では敷地内3か所に分かれて展示があるので、場所を間違えないように気を付けてくださいね。接吻と今回の世紀末芸術の展示場所は同じ敷地内ですが、別の建物です。

<基本情報>
◆Upper Belvedere
開館時間:毎日9:00~18:00、金曜は21:00まで
入場料:大人15ユーロ、26歳以下の学生と60歳以上のシニアは12,5ユーロ、18歳以下無料
住所:Prinz Eugen-Straße 27,1030 Vienna
電話番号:+43 1 795 57-134
アクセス:トラムDでSchloss Belvedere下車すぐ

◆Lower Belvedere / Orangery
開館時間:毎日10:00~18:00、金曜は21:00まで
入場料:大人13ユーロ、26歳以下の学生と60歳以上のシニアは10ユーロ、18歳以下無料
住所:Prinz Eugen-Straße 27,1030 Vienna
Rennweg 6, 1030 Vienna
電話番号:+43 1
アクセス:トラム71、Unteres Belvedere下車すぐ

レオポルド美術館

No image

写真:バレンタ 愛

通常でもかなりたくさんのクリムトやシーレの作品が展示されているレオポルド美術館ですが、記念の年は更に大充実!

「VIENNA 1900!Klimt – Moser – Gerstl – Kokoschka」展は2018年1月18日~2018年6月10日、「EGON SCHIELE~The Jubilee Show~」展は2018年3月3日~2018年11月4日、「GUSTAV KLIMT」展は2018年6月22日~2018年11月4日までの開催です。

この他にもモダニズムをテーマに様々な特別展示が予定されています。通常展と合わせてクリムトやシーレの作品を堪能してください。

No image

写真:(C)Leopold Museum, Vienna

<基本情報>
開館時間:毎日9:00~18:00、木曜は21:00まで。
*9月~5月の火曜日は定休
入場料:大人13ユーロ、28歳以下の学生9ユーロ、60歳以上のシニア9,5ユーロ
住所:Museumsplatz 1, 1070 Vienna
電話番号:+43 1 525 70-0
アクセス:地下鉄U2,U3のVolkstheater/MuseumsQuartier下車すぐ、もしくはトラム1,2、D,Dr.-Karl-Renner-Ring下車徒歩5分

MAK美術館

No image

写真:バレンタ 愛

普段から家具や陶磁器と合わせてウィーン工房の数々の工芸品を展示しているオーストリア応用美術博物館(MAK)でも特別展示を開催。

クリムトの絵の世界が堪能出来る「KLIMT’S MAGIC GARDEN」展は2018年2月7日~2018年4月22日、コロマン・モーザーの作品を網羅出来る「KOLOMAN MOSER」展は2018年2月19日~2018年4月22日まで。

そしてオットー・ワーグナーの現在まで続く影響を探る「POST OTTO WAGNER」展は2018年5月30日~2018年9月30日までの開催です。

<基本情報>
開館時間:火曜10:00~22:00、水曜~日曜10:00~18:00、月曜定休
入場料:大人12ユーロ、毎週火曜日の18:00~22:00は5ユーロ。
27歳以下の学生、65歳以上のシニアは9ユーロ、19歳以下無料。
住所:Stubenring 5, 1010 Wien
電話番号:+43 1 711 36-0
アクセス:地下鉄U3、Stubentor駅下車徒歩3分、地下鉄U4、Landstraße/Bahnhof Wien Mitte駅下車徒歩5分。トラム1,2、バス3A,74AでStubentor下車、徒歩3分。

ウィーンミュージアムとオットーワーグナー

No image

写真:バレンタ 愛

ウィーンの歴史を知ることが出来るWien Museumでも2018年3月15日~2018年10月7日の間、「Otto Wagner」展を開催。デッサンや家具、絵画など初めて展示されるものも含め50年ぶりの大規模な展示会が予定されています。

<基本情報>
開館時間:火曜~日曜、祝日10:00~18:00、月曜定休
入場料:大人10ユーロ、27歳以下の学生とシニア7ユーロ、19歳以下無料。また毎月第1日曜日は無料
住所: Karlsplatz 8、1040 Wien
電話番号:+43 1 505 87 47
アクセス:地下鉄U1,U2, U3、トラム

ウィーンの美術館巡りがますます魅力的に!

美しい街中にたくさんの美術館があり普段から美術館巡りが楽しめるウィーンですが、2018年は特別展示でさらに魅力アップ!

コンビチケット、ウィーンカードの割引を利用したり、長く開館している日をチェックしておくとウィーンでの滞在が更に充実したものになる事、間違いなし!です。他の観光やショッピングと合わせて上手に計画を立てて、楽しく回ってくださいね。

関連MEMO

美術史美術館

ベルベデーレ宮殿/オーストリアギャラリー

レオポルド美術館

MAK美術館

オーストリア政府観光局公式サイトの案内

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に
【ビデオ】走れても止まれない!! 雪道のノーマルタイヤの危険性をJAFが公開中!!
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
「子どもから大人までみんな平然と...」=私が日本で驚いたこと―訪日中国人女性
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加