芋焼酎より甘さを感じられる栗焼酎「ダバダ火振」

芋焼酎より甘さを感じられる栗焼酎「ダバダ火振」

  • NOMOOO
  • 更新日:2016/11/29

焼酎には米・麦・芋以外にも様々な原料から造る変わり種焼酎があります。皆さんはどんな焼酎を飲んだことがありますか?今回は、最近では変わり種焼酎の中でも定番になりつつある、栗で造った焼酎「ダバダ火振」を紹介します。

栗焼酎「ダバダ火振」ってどんな焼酎?

No image

「ダバダ火振り」を造る酒蔵・無手無冠(むてむか)のある高知県四万十町は、清流として有名な四万十川があり、同県内一の栗の生産地です。栗焼酎「ダバダ火振」は原料に栗を50%も使用しています。

「ダバダ火振り」の由来は、「ダバダ」とは人の集まる場所の意味の「駄馬(だば)」、「火振(ひぶり)」は、四万十川流域での伝統的鮎漁法である、夏の闇夜にたいまつの火を振り、鮎を定置網に追い込む「火振り漁(ひぶりりょう)」ということです。

栗焼酎「ダバダ火振」の味わいは?

No image

栗焼酎「ダバダ火振」は雑味やクセはあまりなく、栗のさわやかな甘い味わいが特徴のお酒です。低温でじっくりと蒸留することによって、香りが閉じ込められ、口に含むと栗の味わいが感じられる、穏やかな香りと上品な甘みが広がります。

「ダバダ火振」はクセが少ないので、どんな飲み方でも美味しく味わえます。「ダバダ火振」を飲む際、はじめはロックやストレートでは栗の甘い味わいを感じることができ、炭酸で割ってさっぱりと味わったり、お湯割でまろやかな味わいを楽しむこともできます。

栗焼酎「ダバダ火振」の醸造元・無手無冠(むてむか)

No image

「ダバダ火振」を造る無手無冠は、明治26年創業の、高知県片岡郡の四万十川上流域に位置する酒蔵です。「冠におぼれず、飾らず、素朴な心を大切に、ひたすら自然を生かした地の酒造り」をモットーに酒造りを行い、社名の由来にもなっています。

栗焼酎「ダバダ火振」の反応

No image

「ダバダ火振」を飲んだ皆さんはどのような印象を受けたのでしょうか?

「ダバダ火振」が芋焼酎よりも甘いのは飲んでみたくなるポイントですね!

「ダバダ火振」をお湯割りで飲むと栗の甘みがさらに口に広がりそうです。

「ダバダ火振」をストレートで飲めば、焼酎本来の味わいも楽しむことができます。

「ダバダ火振」は、様々な飲み方で自分の好みに合わせて楽しんでいただけるお酒です。ぜひ皆さんも好みの飲み方を見つけて、試してみてください!

栗焼酎「ダバダ火振」が飲めるお店はこちら

栗焼酎「ダバダ火振」は下記のお店で飲むことができます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
青果問屋の三代目がオープンさせた、こだわりのアップルパイのお店
上質なご当地グルメで特別感を演出!全国各地のグルメなお歳暮
レアチーズ系スイーツの決定版、ローソンから堂々降臨!:今週のコンビニスイーツランキング
長崎の名産品じゃがいもがキャラメルとコラボレーションした「じゃがメル」
「田ウェーイwww」で知られる超神ネイガー米食べてみた 流石すぎて「米ウメーイwww」ってなった

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加