最新ランキングをチェックしよう
東芝、海外ファンド勢のマネーゲームの道具化

東芝、海外ファンド勢のマネーゲームの道具化

  • Business Journal
  • 更新日:2017/12/15

儲けのにおいをかぎつけて群がる投資ファンドを、別名「ハゲタカファンド」と呼ぶ。屍臭漂う東芝は、ハゲタカにとってはまたとない獲物だ。東芝の第三者割当増資に、世界で荒稼ぎするハゲタカの面々が集結した。
 東芝は6000億円の巨額増資に踏み切り、12月5日に第三者割当増資を完了した。資金調達を担った主幹事は、米投資銀行大手のゴールドマン・サックス。ゴールドマンは、発行する株式すべてを海外のファンド60社

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
家電王者ヤマダが犯した「戦略ミス」の謎
日本初上陸!ブルガリホテル東京が2022年東京駅前に開業
爆死案件が続々「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた
アマゾンの従業員、年収の中央値は300万円
ヤマダ電機とビックカメラ、“経営がうまい”のはどちらか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加