ナショナルズ 完封勝利でシリーズタイ 志願登板ストラスバーグが7回12K零封

ナショナルズ 完封勝利でシリーズタイ 志願登板ストラスバーグが7回12K零封

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

◇ナ・リーグ地区シリーズ第4戦 ナショナルズ5―0カブス(2017年10月11日 シカゴ)

No image

カブス戦の勝利を祝うナショナルズナイン (AP)

メジャーリーグのプレーオフは11日(日本時間12日)にナ・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第4戦が行われ、ナショナルズ(東地区)が5―0でカブス(中地区)に完封勝利を収め、シリーズの対戦成績を2勝2敗とした。第5戦は翌日12日に場所をワシントンに移して行われる。

10日に予定されていた第4戦は悪天候のために1日順延。カブスはアリエッタ、ナショナルズはロアークの先発投手がスライド登板すると見られていたが、ナショナルズはストラスバーグが中4日で先発のマウンドへ。

ストラスバーグはインフルエンザに似た症状が出ていたため、前日まで登板できる状態ではなかったが、抗生物質の投与が功を奏して体調が回復。試合当日にベイカー監督へ先発登板を志願したという。

第1戦ではカブスのヘンドリクスと投げ合ったストラスバーグ。7回3安打2失点の内容も打線の援護がなく敗戦投手となった。もう後がない第4戦のマウンドでも第1戦と同様に好投。7回を投げて3安打無失点、さらに12奪三振と圧巻の投球を披露した。

ストラスバーグの頑張りに応えたい打線は3回に相手守備の失策絡みで1点を先制。終盤の8回には8番・テイラーに満塁弾が飛び出し、リードを広げた。その裏からはマドソン、ドゥーリトルと継投して3投手による完封リレーが完成。

シリーズ王手を懸けていたカブスは先発のアリエッタが4回2安打1失点(自責0)。2番手には先発左腕のレスターをマウンドに上げるなど勝利への執念を見せたが、打線が3安打無得点とナショナルズ投手陣の前に沈黙した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】イチロー44歳誕生日に祝福の声 伝説動画や全3080安打イラストの“贈り物”も
好調ダル、WS第3戦先発へ ロバーツ監督「この流れでいきたい」
【MLB】カブス右腕“大変貌”、夫人画像公開に驚嘆の声続出「なんて違い」「ハンサム」
ダルビッシュ、登板心待ち=25日からワールドシリーズ-米大リーグ
【MLB】米誌がWS戦力分析でダルビッシュ絶賛「紛れもない圧巻投球」先発軍配は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加