ケンウッドがHDRの高画質録画ができるドライブレコーダー3機種を発売

ケンウッドがHDRの高画質録画ができるドライブレコーダー3機種を発売

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/12

JVCケンウッドは同社ケンウッドブランドより、ドライブレコーダーの新ラインアップとして、『DRV-830』を11月中旬、『DRV-W630』『DRV-630』を11月下旬より発売する。 今回は全モデルにおいて、新たにフルハイビジョンの約1.8倍の解像度となるWQHD録画を実現。さらなる高画質の追求と多様化する使用シーンに対応する2018年ハイエンドモデルの登場だ。

No image

自動車ユーザーの安全・安心意識が高まり、また車載映像がテレビ報道などで放映されるケースが増えたこともあり、近年、ドライブレコーダーの普及は急速に進み、今後もさらなる市場拡大が見込まれる。そのような中、同社のドライブレコーダーは、これまで培ってきた車載技術と映像・光学技術の融合により、ドライブレコーダーに欠かせない高機能・信頼性・高画質録画を実現。2016年度にはドライブレコーダー販売数量第1位を獲得した。

No image

今回発売する3モデルには、フルハイビジョンの約1.8倍の高解像度となるWQHD(Wide Quad HD)3.7メガ記録モードを新たに搭載。映像描画をきめ細かく再現し、ナンバープレートなど細かい文字情報まで、より鮮明に記録できる。そして露出を変えた複数の撮影画像を合成する「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」も搭載。逆光やトンネルの出入り口など、明暗差が激しい環境時におきやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、明瞭な映像を残せる。

記録モードは、さまざまな車両状況を記録できる4種類のモードを搭載。まず、エンジンのON/OFFに連動して、本体の電源のON/OFFの手間なく自動で録画がスタート/ストップする「常時録画」。常時録画中でも、必要に応じて手動で録画ボタンを押せば、常時録画とは違うフォルダにデータが記録されるのでデータの呼び出しや保存がしやすい「手動録画」。Gセンサーの搭載により、突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知すると、自動的に録画を開始し、イベント録画専用のフォルダに記録する「イベント記録」。そして「駐車監視録画」では、『DRV-830』は車載電源ケーブル「CA-DR100」(別売)を使用することで、車両のエンジンキーをオフにすると駐車監視録画機能が待機中に。車両の衝撃を検知すると駐車監視録画が開始される。駐車監視録画が終了すると、再び待機状態に戻る。
『DRV-W630/630』は、車載電源ケーブル「CA-DR150」(別売)を使用することで、最長24時間の駐車監視録画に対応する。

No image

DRV-830

『DRV-830』の主な特徴としては、microSDXCカードに対応し、ダブルスロット搭載によるリレー録画や低フレームレート記録モードで長時間録画が可能。モニターには走行映像やメニュー画面も見やすく、便利な大型の3型ワイドモニターを搭載した。水平132度、垂直70度、対角144度の広視野角レンズを採用しており、広範囲な記録に対応する。ほかに.ドライブの記録を静止画で簡単に残せる自動静止画連続撮影機能、SDカードの交換時期を画面表示と音声案内で知らせ、録画エラーを未然に防ぐSDカード寿命告知機能を備える。

『DRV-W630』は撮影した動画をスマートフォンに転送できる無線LAN機能を搭載。『DRV-W630/630』共通の機能としては、連続運転を長時間続けると警告音で知らせるリフレッシュ通知機能に加え、運転を自動診断するエコドライブ表示機能を備える。録画中に時刻・速度表示に切り替えられる情報表示モードも便利だ。

No image

DRV-W630

No image

DRV-630

関連情報

http://www.kenwood.com/jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ほぼすべてのWi-Fi機器に影響」―危険な脆弱性「KRACK」
軍・警察スペックシューズ「MERRELL TACTICAL」1stモデルが店舗限定で国内発売へ
マウス、マウスパッド、ヘッドセットがセットで3000円台のお買い得モデル
小型でAC不要、4K&60Hz対応の双方向切替可能なHDMIセレクター
動画デモ:Xperia Hello! 発売決定! 11/18発売、約15万円(税抜)。「ハイ!Xperia」で動作するAndroid対話ロボ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加