自民党の総裁任期延長「3期9年」か「制限撤廃」に

自民党の総裁任期延長「3期9年」か「制限撤廃」に

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/20
No image

自民党は19日の会合で、これまで「2期6年」だった総裁の任期を3年以上、延長することを決定しました。

高村副総裁:「3年3期にするか、いっそのこと期数制限撤廃しちゃうか。大体、どちらかに収斂(しゅうれん)しつつあるのではないかと思います」
総裁任期について議論する「政治制度改革実行本部」では、出席者に加えて地方の意見なども聞いたうえで、任期の延長を決定しました。党則で「2期6年まで」と定められている任期を1期延ばして「3期9年まで」とする案と、制限を撤廃して総裁選で勝つ限り何期でもできるようにする案の2つが残っていますが、最終判断は高村副総裁に一任されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
IR法案の成立に55%が「反対」、JNN世論調査
【カジノ解禁法案】自民、審議拒否の民進に「言う資格なし」 共産は「人のお金巻き上げるだけ」と非難
稲田防衛相 ゲス宮崎夫妻への結婚祝儀を政治資金で拠出
農協改革大荒れの影に秘密主義者 奥原農水次官
世論調査は不可解? 室井佑月「なんでこうなる。おかしくないか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加