最新ランキングをチェックしよう
中国公共交通で進む「AI化」 地下鉄、無人運転バス......けん引役はアリババ、テンセント

中国公共交通で進む「AI化」 地下鉄、無人運転バス......けん引役はアリババ、テンセント

  • ZUU online
  • 更新日:2017/12/13

中国政府は11月、AI国家プロジェクトを認定した。自動運転、城市大脳(都市計画)、医療映像、音声認識の4部門である。この中には含まれなかったが、公共交通システムへのAI技術応用もかなりのスピードで進行している。その象徴的な事例があった。12月上旬、「世界互聯網(インターネット)大会」に合わせ、上海申通地鉄集団とアリババ、アント フィナンシャルの三者が、戦略提携を締結すると発表したのである。アリババ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2018ハッカーレポート、知的好奇心と報酬が大きなモチベーション
1時間2万8,000円の特別サービス! 上海の日航ホテルが“売春宿”に!?
ホロコーストを招いた史上最悪の偽書(フェイク)とは
雲南野生動物園のホワイトタイガーの六つ子、初めて一般公開へ―中国
ロシア非常事態省「外出控えて」 大気も凍る-65°C
  • このエントリーをはてなブックマークに追加