もはや当たり前の装備に!1万円で買える最新ドライブレコーダー4選

もはや当たり前の装備に!1万円で買える最新ドライブレコーダー4選

  • @DIME
  • 更新日:2019/10/22
No image

これだけニュースになってもなかなか無くならないあおり運転。巻き込まれたらどうしよう、とお悩みの方も多いだろう。いざという時に備えて準備しておきたいのがドライブレコーダーだ。今回は、予算1万円で購入できるお得なモデルを@DIMEから4点ピックアップした。

1万円以下で買えるお得なドライブレコーダー

フルHD録画対応、32GBのmicroSDHCカード付属で9980円!コスパ抜群で扱いやすいPAPAGOのドライブレコーダー「GoSafe 130V2」

PAPAGO JAPANは、エントリーモデルのドライブレコーダー「PAPAGO! GoSafe 130V2」を発売した。実勢価格は9,980円(税別)。 「GoSafe 130V2」は、「GoSafe 130」の後継モデル。300万画素CMOSセンサーを搭載し、高画質フルHD録画に対応するほか、広角140度(水平110度/垂直62度)の広い視野の映像を記録可能。 急な明るさの変化を補うHDR(ハイダイナミックレンジ)機能も搭載し、録画モードは常時録画、衝撃録画、手動録画の3種類に対応する。

【参考】https://dime.jp/genre/788501/

このスペックで5000円!140度の超広角レンズで広範囲を撮影できるAUKEYのCMOSセンサー搭載ドラレコ「DRA1」

No image

1080PフルHD解像度、140°超大広角レンズ、そして2.7インチの液晶大画面を搭載したフルハイビジョン撮影可能なドライブレコーダー「AUKEY DRA1」が登場。価格は¥4,999 とかなりお手頃価格だ。 駐車機能、Gセンサー、ノイズ対策済み、全国のLED信号機に対応など豊富な機能が搭載しているため、事故原因解明やドライブの映像などをスマートフォンのような直感的な操作で記録した映像をチェックできる。

【参考】https://dime.jp/genre/783794/

サンコーが前方後方に加え車内も同時に録画できる「3カメラ同時録画ドライブレコーダー」を発売

No image

サンコーは、合計3個のカメラを搭載した「前も車内もリアカメラも!3カメラ同時録画ドライブレコーダー」を発売した。販売価格は9,800円(税込)。 本製品は前方、車内、後方の3か所を同時に撮影できるドライブレコーダー。本体には前方録画用、車内録画用のカメラを搭載し、別途後方録画用のバックカメラを付属。本体は吸盤で装着し、バックカメラはネジやテープで固定。あとはケーブルで繋ぐだけで設置完了。エンジンをかければ自動的に録画が開始される。

【参考】https://dime.jp/genre/682376/

F1.4レンズとWDRで夜間でもクリアに録画できるお買い得ドラレコ『Anker Roav DashCam A0』

No image

「あおり運転」や「当て逃げ」など、思わぬ交通事故の証拠を残すときに便利なドライブレコーダー。しかし、種類や価格帯が幅広いので、購入まで至らない人は意外と多いのでは? 初めてのドライブレコーダーに最適な一台が、アンカー・ジャパンの『Anker Roav DashCam A0』だ。価格は6,999円(税込)と手頃な価格で、高精細映像や衝撃感知等の基本ニーズを網羅している。

【参考】https://dime.jp/genre/641350/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
14歳の少女が発明した、車の死角を無くすシステム。これは交通事故を劇的に減らせる予感
アップルも迷惑している、韓国産フッ化水素! 生産計画に遅れが
便器が液体や粘着物を弾くようになり洗浄水の使用量を劇的に減らすことができる「spotLESS Materials」
アマゾン「Fire HD 10」レビュー - これ、もはや悪夢のような「採算度外視タブレット」では?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加