魅惑のブルーハーブティーにあるものを入れると色が変化!【カンボジア】

魅惑のブルーハーブティーにあるものを入れると色が変化!【カンボジア】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2017/10/11
No image

熱帯アジアが原産のバタフライピーはマメ科の植物でハーブの一種です。

日本では「蝶豆」と呼ばれています。

パッと見た感じはツルがあって、青い花が咲いて、どこにでもある朝顔のような花ですが、乾燥させてお茶にすることができます。

No image

アントシアニンがブルーベリーの4倍あると言われている注目お茶なんです。

眼精疲労や、アンチエイジングなど驚くべき効能があるので人気も高まっているようですね。

No image

花びらを乾燥させて、お湯を注ぐと鮮やかなブルーのハーブティーができます。のままでもとっても美しい飲み物ですが、これに「ライム」や「レモン」を加えると色が変化するのです。

バタフライピーのアントシアニンがクエン酸と混ざると起きる反応です。

どんどん変化していくのを見ているだけでなんだかうれしくなります。

グラデーションを楽しめ、しかも身体にもいい!なんて素敵な飲み物なのでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インスタで注目!fuki_satoさんのおうちハロウィンアイデアがかわいすぎ!【小脇美里さん連載】
日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態
男がゾクッとする!「鳥肌の立つほど魅力的な女」のテクニック
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
精神科医に聞いた!「テンパる」とミスしやすいの違いは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加