NXP、ARM Cortex-A7ベースの「i.MX 6ULL」を発表

NXP、ARM Cortex-A7ベースの「i.MX 6ULL」を発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

NXPセミコンダクターズ(NXP)は10月18日、「i.MX 6ULL」アプリケーション・プロセッサを発表した。同社によれば、競合製品に比べ電力効率を最大30%向上するという。

同製品は最大528MHzで動作するシングルCortex-A7プロセッサ・コア、128KBのL2キャッシュを統合しているほか、16ビットDDR3/LPDDR2をサポート。パワーマネジメント機能、セキュリティ・ユニット、広範なコネクティビティ・インターフェースの統合により、セキュアなIoTアプリケーション向けに性能のスケーラビリティと低消費電力を実現するとしている。パッケージは低コストPCB設計に適した14mm角パッケージや、スペースに制約のあるアプリケーション向けにフォームファクタを低減する9mm角パッケージなどで提供される。

1万個一括購入時の最小単価は3.50ドル。現在サンプル出荷中で、量産開始は10月を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
このメガネ、ヘッドホンなんです...骨電動ユニットを内蔵した「Vue」
中国、空の安全対策強化=旅客機は15分間隔で位置情報を報告―中国メディア
電力いらず。身近な液体を使った新たなコミュニケーション機器とは?
カセットテープからSDカード&USBメモリに録音OK!東芝、CDラジオカセットレコーダー発売へ
JVC、カジュアルなWOODイヤホン「HA-FW7」 - ハイレゾ対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加