「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂

  • TABIZINE
  • 更新日:2017/09/15
No image

ベルギー第二の都市アントワープ。15世紀後半から交易の中心地として栄えたこの港町に、名作アニメ「フランダースの犬」のラストシーンの舞台となった大聖堂があります。

No image

ベルギー北部のフランドル地方に位置するアントワープ。古くから商業の街として栄えた大都市ながらも、中世の街並みも残り華やかな雰囲気が漂います。

No image

街の中心にあるマルクト広場近くに佇む、ゴシック様式が美しい「アントワープ聖母大聖堂」。高さは約123mもあり街のランドマークにもなっています。この大聖堂こそ「フランダースの犬」のあの悲しいラストシーンの舞台なのです。

No image

建設工事に約170年をかけ1521年に完成したアントワープ聖母大聖堂。内部は高い天井と優美なアーチと柱が織りなし、厳かな雰囲気。

No image

ステンドグラスから穏やかな光が差し込み、白い壁や天井をさらに美しく魅せています。

No image

この大聖堂では主人公ネロがずっと憧れていた、巨匠ルーベンスの作品を鑑賞することができます。こちらは主祭壇に掲げられている「聖母被昇天」。ネロは牛乳配達が終わった後、ほぼ毎日この絵を見るために大聖堂を訪れていました。

No image
No image

ネロとパトラッシュが最後に見た「キリスト昇架」と「キリスト降架」。物語の中でこの2枚の絵は普段カーテンで隠されており、銀貨を払わなければ見られなかったのですが、ネロが訪れたクリスマスの夜にはカーテンがかかっていなかったのです。

ずっとこの絵を見たかったネロは「ああ、とうとう見たんだ。ああマリアさま、僕はもう思い残すことはありません」と言い、力尽きてしまいます。その後パトラッシュとともに、天使に囲まれて昇天するあのシーンは思い出すだけで涙が出てくる人も多いのではないでしょうか?

No image

ステンドグラスから柔らかな光が差し込む主祭壇。ここに立っているとフィクションとは言えど、思わずネロとパトラッシュの姿を思い浮かべてしまいます・・・。

アントワープはブリュッセルから鉄道で約1時間。ベルギーを旅することがあれば、あの悲しいラストシーンの舞台となった、美しく荘厳な大聖堂を訪れてみてはいかがでしょうか?

[Photos by Nao & shutterstock.com]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定! 惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
「これは算数のテストの答案用紙だが...この生徒はよくわかってる!」
“Eカップ以上しか来店しない店”がオープン
地球外の美しさ!フィリピンの新リゾートが完全に何処かの惑星っぽくてヤバいと話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加