インディアンス22連勝でストップ 前夜の再現ならず、8月23日以来の黒星

インディアンス22連勝でストップ 前夜の再現ならず、8月23日以来の黒星

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/16
No image

湧き上がる本拠地でロイヤルズと対戦したインディアンス

● インディアンス 3 - 4 ロイヤルズ ○
<現地時間9月15日 プログレッシブ・フィールド>

インディアンスは15日(日本時間16日)、本拠地でのロイヤルズ戦に敗れ、8月24日(同25日)から続いていた連勝は「22」で止まった。

インディアンスは3番ラミレスの27号2ランなどで3回まで3-1とリード。だが、先発のバウアーがピリッとせず、6回途中4失点で逆転を許した。9回はサヨナラ勝ちした前日同様、1点ビハインドで二死一塁、打者リンドアという状況を迎えたが、この日は追いつくことができずそのまま敗戦。二夜連続のミラクルとはならず、黒星は8月23日(同24日)のレッドソックス戦以来となった。

インディアンスは翌24日の同カードから怒涛の22連勝。引き分けを挟まない記録としては、1935年のカブスを抜いてメジャー史上最多とした。

引き分けを挟んだ記録としては、1916年にニューヨーク(現サンフランシスコ)・ジャイアンツが達成した26連勝が最長だが、この記録には届かなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、青木 日本人選手がともに1番で先発出場 2011年以来
ダルビッシュ10勝目届かず、6回途中1失点で今季200K到達も降板後に逆転
44歳目前も変わらぬ“イチロースタイル”にファン称賛「美しい」「レジェンド」
後半戦打率は.324、“V字回復”のイチロー来季残留の可能性を地元紙報じる
イチロー 9回あと一人の場面で同点打!メッツ守護神から快音響かせる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加