ダンスダンスレボリューションで50kg以上のダイエットに成功し心臓移植の危機を乗り越えた男性

ダンスダンスレボリューションで50kg以上のダイエットに成功し心臓移植の危機を乗り越えた男性

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/10/04
No image

2018年で20周年を迎えた「ダンスダンスレボリューション(DDR)」といえば、1998年にゲームセンターのアーケードマシンとして登場し、体を動かしてプレイする音楽ゲームとして一大ブームを巻き起こした人気タイトルで、つい先日にはハリウッド映画化のウワサも報じられていました。そんなダンスダンスレボリューションをプレイし、なんと約60kgものダイエットに成功して命の危機を救われたという男性がいます。

Dance Dance Revolution Helps Man Lose 125 Pounds

https://kotaku.com/dance-dance-revolution-helps-man-lose-125-pounds-1829484016

ダンスダンスレボリューションに命を救われたというのは、ダンスゲームコミュニティで「Xopher」と呼ばれる男性。

アメリカ・アーカンソー州で育ったXopherさんは、2000年に地元のゲームセンターにアーケード版の「DDR 3rdMIX」が登場してから、ダンスダンスレボリューションにどっぷりハマっていったとのこと。海外ゲームメディアのKotakuのインタビューで、Xopherさんは「一番最寄りのDDRマシンは自宅から30分ほどあり、友だちと一緒じゃないとそこまで行くことはできませんでした。ひとりだけ友だちが車を持っていたので、そいつのところに集まって遠征していたんです」と、語っています。

[DDR] ANOTHER MIRROR BUTTERFLY DOUBLE (アンミラ バタフライ) - YouTube

その後、ダンスダンスレボリューションの人気に陰りが出始めた頃、Xopherさんも大きくなり、町を出て大学へ進学したそうです。大学進学後もXopherさんは約6年ほど地元の映画館にあるダンスダンスレボリューションをプレイし続けていたそうですが、その間もXopherさんは徐々に太っていき、2012年までにXopherさんの体重は最大325ポンド(約147kg)にまで増えることとなったそうです。この時、医者からは「あなたは体重を減らす必要がある。もし減らさなければ50歳までに心臓移植が必要になるだろう」と通告されたそうで、ここからXopherさんのダイエットがスタートします。

2002年当時のXopherさん。ここからさらに太っていき、最大147kgという体重になってしまいます。

No image

最初は普通にジムに通い始めたそうで、その効果はすぐに出て、30ポンド(約14kg)ほどの減量に成功します。しかし、すぐに300ポンド(約140kg)超えの体重にリバウンドしてしまったとのこと。それから2年、Xopherさんはなかなかダイエットを成功させられずにいたそうですが、大きな出来事が2つ起きます。ひとつはXopherさんが「家を購入したこと」。2つ目は「eBay上で安価なアーケード用のダンスダンスレボリューション筐体が売られていることを発見した」ということだそうです。家を購入したことでアーケードマシンのような大きなものを自宅に置くスペースが確保でき、そんなタイミングで安価な懐かしのダンスダンスレボリューション筐体が売られていることを見つけたというわけ。

No image

Xopherさんは何のためらいもなくeBayで発見したダンスダンスレボリューションの筐体を購入します。購入したのは大学時代にプレイした「ダンスダンスレボリューションSuperNOVA」の筐体だそうですが、一部が壊れていたそうで、自分で修理する必要があったそうです。「アーケードマシンの修理について多くの事を学んだよ」とXopherさん。しかし、修理期間はわずか2週間ほどで済んだそうで、比較的すぐにゲームをプレイできるようになったことを明かしています。

Xopherさんは標準難易度の「BASIC」からプレイを始め、最初の頃は体力的に1日3回程しかプレイできなかったとのこと。しかし、プレイを続けたことでダンスダンスレボリューションのスキルが向上し、同時にスタミナもついてきていることに気づいたそうです。Xopherさんはダンスダンスレボリューションと同時に食生活も改善し、ゲームをプレイし始めて6カ月で中級レベルの難易度をフルコンボでクリアできるほどにスキルを上達するほどに至ったとしています。

この「ダンスダンスレボリューションがある生活」を2014年から2016年まで続けたXopherさんは、約50ポンド(約23kg)の減量に成功。さらに、2016年から2018年までの間にXopherさんの体重は199.8ポンド(約91kg)以下にまで減量したそうで、約56kgのダイエットに成功しています。血圧は140/80mmHgから112/65mmHgにまで減少し、安静時心拍数は70bpmから45~50bpmにまで低下。ダンスダンスレボリューションを使ったダイエットの効果にXopherさんは、「私の目標は達成された!」と喜々としています

No image

Xopherさんは最初に購入した「ダンスダンスレボリューションSuperNOVA」の他、最初にプレイした「DDR 3rdMIX」など複数のダンスダンスレボリューション筐体を所有しています。それに加え、Pump It UpStepManiaXといった、他の音楽ゲームの筐体にも手を出しているとのこと。

No image

Dance game setup nearly complete.
Xopher Barnett さん(@xopher314)がシェアした投稿
from Instagram

それでも過去12カ月ほどはそれほど体重が減少しなくなってきたため、筋肉量を増やしてより脂肪を燃焼させるために、ウエイトリフティングなどの筋トレも行うようになったそうです。なお、Xopherさんはダイエットに成功したことで出てきた伸びた皮が、筋トレで引き締まることを望んでいるとのこと。

Xopherさんはダンスダンスレボリューションをプレイしたことがない人、あるいは10年前にプレイしたままという人に向けて、「ダンスダンスレボリューションは再び成長しています。DDR StormRaj of the Garage 5the big dealのような多くの人々が集まるコミュニティがいくつも存在しています」とコメントしています。

また、2016年には国内最新版のアーケード版「Dance Dance Revolution A」が登場しており、アメリカのレストラン&スポーツバーであるDave&Busterにも同じくDance Dance Revolution Aが導入されています。また、日本特有の機能であったオンラインスコアシステムがアメリカの筐体にも導入されたことで、より多くの人々がスコアを競い合うようになり、注目を集めるようになったとのことです。

[DDR A] Grand Finals - iamchris4life vs fungah - 8/5/2017 @ Irvine D&B - YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロックマン風ACT『TAYAL』「シリーズファンの一人として、この伝説をここでは止めたくないと思ったのです」【注目インディーミニ問答】
『ポケモンGO』シンオウ地方のポケモンがついにゲーム内に登場!新映像には「ギラティナ」の姿も...
『CoD:BO4』ゾンビモード4つ目のマップ「極秘」は懐かしの旧作マップ―海外メディア映像
【ポケモンGO】「シンオウ地方」の実装がついに決定! 第4世代で進化するポケモンはこれだ!!
焦りに追い込まれる一人称ホラー『The Conjuring House』リリース―ただ、生き延びろ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加