上白石萌歌、念願の沖田修一監督作で主演『子供はわかってあげない』細田佳央太が相手役

上白石萌歌、念願の沖田修一監督作で主演『子供はわかってあげない』細田佳央太が相手役

  • シネマカフェ
  • 更新日:2019/11/11
No image

『子供はわかってあげない』(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

上白石萌歌が主演を務める映画『子供はわかってあげない』の公開が決定。相手役は、『町田くんの世界』にて主演に大抜擢され話題となった細田佳央太が務める。

現在製作中だという本作は、「マンガ大賞2015」で第2位にランクインした田島列島の長編デビュー作。夏休みを控えたある日、高校2年の美波は水泳部の練習中にちょっと変わった書道部員のもじくんと学校の屋上で運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅が始まる…。

主人公・美波を演じるのは、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」『羊と鋼の森』など話題作に出演、adieu名義で本格的に音楽活動もスタートさせ活動の幅を広げる上白石さん。相手役の門司昭平を、超新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』主演に大抜擢された細田さんが演じる。監督は『南極料理人』「火花」の沖田修一が務める。

上白石さんは「かねてから大好きだった沖田監督の作品に携われることが心から幸せでした。瑞々しい原作の空気感と沖田監督の映像美がどんな化学反応を起こすのか楽しみで仕方がありませんでした。ずっと沖田監督の世界で息をしていたくて、撮影が終わるのがとても寂しかったです」と念願の沖田監督作品への参加をふり返る。

また「細田佳央太さんはお芝居をするうえで一番助けられた存在。門司くんは彼そのもので、細田さんがいなければ美波を演じきれなかったかもしれないと思うほどです」と明かし、「10代最後の夏はすべての想いをこの作品に込めました。きっと人生の宝になります」と語っており、7月から8月にかけて約1か月の撮影は、彼女にとって特別な夏になったという。

一方、細田さんは「上白石さんにもお芝居で引っ張って頂き、特にラストシーンの二人芝居では、目のお芝居に感化されました。高校最後の夏に沖田組での撮影に参加させて頂けたこと、素敵な共演者・スタッフの方々・作品に巡り会えたこと、全てに感謝です」とコメントしている。

『子供はわかってあげない』は2020年初夏、全国にて公開予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋一生「好きになってしまいました」、蒼井優との共演作「ロマンスドール」本予告
ベネディクト・カンバーバッチ&コリン・ファースら英国俳優集結!『1917 命をかけた伝令』予告映像解禁
never young beachの主題歌流れる映画「ロマンスドール」本予告解禁
タイ、オーストリア、日本が舞台の映画ぬくもりの内側がバンコクでクランクアップ
松田龍平、中国の映画祭でベストアクター賞獲得「言葉の準備をしていなくて...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加