【羊飼いのFX突撃取材】米消費者物価指数の発表を待ちたい

【羊飼いのFX突撃取材】米消費者物価指数の発表を待ちたい

  • ZUU online
  • 更新日:2018/02/14

2018年2月14日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

■現在の為替相場の傾向や相場観

米トランプ政権の通商問題や世界的な株安を背景に、米ドル/円は107円割れと、下値を拡大している。引き続き、株価の動向に注視しながらのトレードが望ましい。

そんな中、本日14日(水)夜には、大注目されている米消費者物価指数(CPI)の発表を控える。消費者物価指数が注目されている理由として、まずはインフレ系指標であること。そして、もう一つ、直近の米国株暴落のトリガーとなったのが、2日(金)の米雇用統計の平均時給のポジティブな結果受けたNYダウの暴落だった。今回の米消費者物価指数は、そのシナリオを彷彿とさせるため、非常に注目されている。

■現在の為替相場の戦略やスタンス

本日14日(水)の米消費者物価指数に関して、結果そのものを占うことは難しい。ただ、もしポジティブな結果だった場合、インフレ懸念で米長期金利が上昇しダウが暴落。それに対するリスクオフでドルが売られる流れとなる。

一方、ネガティブな結果だった場合も、長期金利が低下し、素直にドルが売られる。つまり、どちらに転んだとしても、ダウンサイドリスクがつきまとうことになるだろう。とりあえずは、本日14日(水)夜の米消費者物価指数の発表を待ちたい。

井口喜雄
トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、ディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズからみた為替分析に精通してるほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。月刊 FX攻略.comで「現役為替ディーラーが本音で語る”Dealer’s EYE”」を連載中。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。http://kissfx.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
絶対に会社を潰す"ダメ社長"3つの傾向
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
「ちゃんぽん愛」が強い社員ではできなかったリンガーハットの新ブランド
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加