アザール、監督業には興味なし?同僚2人には「いい監督になれる」と太鼓判

アザール、監督業には興味なし?同僚2人には「いい監督になれる」と太鼓判

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/12
No image

アザールが監督業についての持論を語った [写真]=NurPhoto via Getty Images

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、監督業についての自身の考えを述べている。イギリスメディア『イブニング・スタンダード』が報じた。

監督としての道に進むことを検討するかと問われたアザールは、「そうは思わないな。子供たちのためならいいけど、プロのクラブの監督は考えていないよ。多くのことがありすぎるからね」と語り、現役を退いた後にプロクラブの監督の道に進む意志はないという姿勢を示した。

その一方で、同僚のスペイン代表DFセサル・アスピリクエタとイングランド代表DFガリー・ケーヒルの名前を挙げ、この2選手ならば引退後に優れた指導者になれるという見通しを語っている。

「アスピリクエタはサッカーについてとても多くのことを話すんだ。恐らくケーヒルにも同じことが言えるね。僕は2人ともいい監督になれると思っているよ」

「僕の考えでは、優秀な監督にはディフェンダー出身の人が多いと思っている。なぜなら、彼らは試合中に全てのミッドフィールドを見通すことができるからね。ストライカーやウイングのようなアタッカーの選手はいい監督にはなれない。ジネディーヌ・ジダンを除いてね。例外は彼だけだよ!」

チェルシーの守備陣を支えるチームメイト2人を称えると同時に、自身が主戦場とする攻撃的なポジションからは優秀な監督は生まれないという持論を展開したアザール。しかし、レアル・マドリードを率いるジダン監督は例外的な存在だと考えている模様だ。先日「ジダン監督のもとでプレーすることが僕の夢」と明かしていたとも報じられている同選手が、“白い巨人”の指揮官を高く評価していることは確かなようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
就任わずか2ヶ月でサウジ代表監督解任。7ヶ月後に迫るW杯を前に監督不在の緊急事態
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白
中国のサッカー記者が日本人審判を絶賛!「われわれは感謝すべき」―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加