西武 9回に集中打で逆転勝ち 辻監督「みんな疲れている中で大きな価値のある1勝」

西武 9回に集中打で逆転勝ち 辻監督「みんな疲れている中で大きな価値のある1勝」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/14

◇パ・リーグ 西武6―3ロッテ(2017年8月13日 ZOZOマリン)

No image

ファンの歓声に応える西武・炭谷

西武は1点を追う9回に5本の集中打で4点を奪い逆転勝利。試合の流れを変えたのは浅村の執念だった。

9回に先頭の浅村が三塁へのボテボテの打球で「とっさに出ました」とヘッドスライディングで内野安打。6日のソフトバンク戦でも一塁へのヘッドスライディングした際に左肩を痛めてまだ万全ではない。「今日は僕じゃないですよ。山川が併殺打もある場面で思いっきり打ってくれた」と謙遜したが、辻監督は「浅村が(左肩を)痛めているのにああいうプレーをしてくれた。みんな疲れている中で大きな価値のある1勝」と称えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
広陵・中村の新記録、NHKニュースで中継できず...
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加