<個別株動向>三井住友、岡本硝子、プリマ、オリンパス、ティーライフ=5日後場

<個別株動向>三井住友、岡本硝子、プリマ、オリンパス、ティーライフ=5日後場

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/12/05
No image

三井住友<8316>―現地4日の米国株式市場で銀行株が堅調に推移した動きを反映する格好に。前日比44円高の4596円。

岡本硝子<7746>―5日付の化学工業日報は、同社がガラスを粉末にしたガラスフリットで電子材料向けを開拓するほか、太陽電池セル向け、固体光源用部品向けでも拡販すると報じる。前日比11円高の247円。

プリマ<2281>―10月13日に付けた年初来高値817円を更新し、上値追いが活発化。前日比39円高の835円。

オリンパス<7733>―4日に決定した売り出し価格4258円にサヤ寄せする動きに。前日比25円安の4365円。

ティーライフ<3172>―人件費増や広告宣伝費の増加などが重し、18年7月期第1四半期(17年8-10月)の連結決算は2ケタの営業減益で着地。前日比62円安の1357円。◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ自衛隊は「休むこと」を命令するのか
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
コンビニまでのチョイ乗りに便利。折り畳み電動バイク「Cute-mL」
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
職人技と機械式腕時計の精緻な世界が高い次元で融合したセイコー『プレザージュ 青琺瑯モデル』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加